PARKFULの使い方【公園編】

PARKFULの旧バージョンからある基本機能「公園」です。
「公園」でできることは大きく3つです。

公園の広さと場所が一目瞭然!

「公園」を開くと現在地を中心としたマップが表示されます。地図上に表示されているピンが公園。行った先々で是非このマップを開いてみてください。すぐ近くにおもしろい公園が見つかるかもしれません。

PARKFULの使い方

ピンの「S」「M」「L」「XL」は公園の広さを表しています。

  • S は4haまでの小規模公園
    街中にあり近所の人が利用するような比較的小さな公園のイメージです。
  • M は10haまでの中規模公園
    東京だと有栖川宮記念公園や新宿中央公園、隅田公園など、大阪だと中之島公園や靭公園がこのMに当てはまります。
  • L は50haまでの大規模公園
    東京なら日比谷公園や芝公園、駒沢オリンピック公園など。大阪なら大阪城公園や天王寺公園など。
  • XL は50ha以上の特大規模公園
    東京なら代々木公園や上野公園、大阪なら大阪城公園、鶴見緑地など。あとは奈良公園や昭和記念公園、明石海峡公園などの国営公園はこのサイズです。

 

大きいから楽しめる、小さいと楽しめない、ということでは無いのが公園の面白いところ。ぜひ目安のひとつとして。

ちなみに、上部のメニューで「地図」と「リスト」の表示切り替えができます。リストだと公園名とサムネールで一覧できて、見やすくなっています。

PARKFULの使い方

いろんな条件で検索する

マップで探すのもとても面白いですが、キーワードや規模・地域で絞り込むこともできます。とくにキーワード=公園名検索で遊ぶとなかなか面白い。適当にキーワードを入れてみると、意外な公園に出会える事があります。

PARKFULの使い方

たとえばバレンタインデーに公園を調べていたら、「バレンタインパーク」というのがまさにありました。また、最近スタッフの間で流行ったのは、名前。自分の名前のつく公園があるか?見つかるとまるで自分の公園のようで愛着が湧き、行ってみたくなります。

ちなみに「コトラボ」とつく公園はさすがにありませんが、「ことぶき公園」は結構たくさんありました。

PARKFULの使い方

PARKFULに登録されていない公園の追加リクエストをする

MAP右下のメニューボタンから、現在地(自分が今いる場所)を公園として追加リクエストすることができます。PARKFULに登録されていないけど、ここにも公園があるよ!という情報、お待ちしております。

PARKFULの使い方

PARKFULにはまだまだ登録されていない公園がたくさんあります。さまざまな方法で情報収集を進めていきますが、その中でもユーザーの皆さまからのリクエストは重要な情報源となりますので、ぜひ情報提供をよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。