PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> PARKFULの楽しみ方 > PARKFULの使い方 【行った!投稿とタイムライン】

PARKFULの使い方 【行った!投稿とタイムライン】

PARKFULの楽しみ方 2015.06.10

「おすすめ」や「公園」が、PARKFULがもともと持っている公園の情報をさまざまな形で見る機能であるのに対して、「行った!投稿」はユーザーのみなさんに作っていただく情報です。
※画面はiOSのものですが、Android版も同等の機能を備えています。

公園に「行った!」を投稿する

PARKFULを利用して今まで知らなかった公園に行ったり、いつものお気に入りの公園に行ったり、みなさんが実際に公園に行かれた際にはぜひその記録をPARKFULで残してみてください。それが「行った!」投稿機能です。

公園情報の画面の右上にある「行った!」ボタン。
これをタップすると投稿画面が開きます。たとえば、私は江東区にある「猿江恩賜公園」に行ったので、猿江恩賜公園の画面から「行った!」をタップします。

PARKFULの楽しみ方

投稿画面で写真とコメントを記入し、シェアの設定(PARKFUL内での公開/非公開、facebookやTwitterへのシェア)をお好みで設定して、「保存」をタップすれば投稿完了です。

PARKFULの楽しみ方

このとき、PARKFULのシェアがONになっていれば、公園情報の「タイムライン」にあなたの投稿が表示されます。

PARKFULの楽しみ方

例えば、Twitterにシェアをすると↓このように写真が添付されてTwitterにも投稿されます。

PARKFULの楽しみ方

 

行った!投稿のルール

  • 1つの公園につき1日1回「行った!」を投稿することができます
  • 投稿には写真を1枚まで添付することができます(写真だけ・コメントだけでも投稿が可能です)
  • PARKFULのシェア設定をオフにすれば、自分だけの記録としてマイページにだけ表示されます
  • 投稿する公園の数に制限はありません。いろいろな公園に行ってみましょう!

 

こんな投稿をしよう!

  • その日、その公園であなたが最も印象に残った一枚を投稿しましょう
  • 発見、感動、驚き、体験、面白い!などなど、あなたならではの視点で公園の魅力を伝えましょう
  • 行った!投稿は、公園という特定の場所に紐付けられます。ユーザー自身または他人のプライバシーや肖像権の侵害には十分に注意しましょう
  • 公園はさまざまな人が、さまざまな目的で利用する場です。お互いを尊重し、みんなで魅力を分かち合いましょう!

 

タイムラインでみんなの投稿を見る

下部のメインメニューの真ん中「タイムライン」では、2つの切り口でみんなの投稿を見ることができます。

PARKFULの楽しみ方

1.「近くの公園」の投稿

現在地を中心として2km四方にある公園の投稿をまとめて見ることができます。近くの公園がどんな様子か、みんながどんな風にその公園を楽しんでいるか、などの情報がまとめて見られます。

2.「お気に入りの公園」の投稿

先週、公園情報の画面で公園を「お気に入り」(ブックマーク)することができるとご説明しました。このお気に入りに登録した公園に投稿されたみんなの投稿をまとめて見ることができます。気になる公園は、ぜひ「お気に入り」に登録しておきましょう!

 

みなさんの行った!投稿は、みなさん自身の公園に行った記録としてはもちろん、他の人の「行きたい!」につながる大切な情報になります。ぜひあなたの知っている公園の魅力を発信してみてください!

PARKFULの使い方【公園編】

PARKFULの使い方【マイページ編】