稲城中央公園(東京都稲城市)

稲城中央公園は、その名の通り稲城市のほぼ中心に位置する総合公園です。総合体育館や野球場といった運動施設、武蔵野の自然林を残した散策路などがあります。目印は公園を結ぶ歩道橋「くじら橋」。下から見るとくじらの胴体のように見えることがその名前の由来だそうです。
今回は公園内、野球場の隣にある遊び場をご紹介します。

以前ここには木製の大型遊具が設置されていました。老朽化のためその遊具が遊べなくなり、入れ替えられた現在の遊具が従来のイメージを残しています。

稲城中央公園1

木製遊具と同じ三角屋根が目印

手前側の高いところから伸びるスライダーも気になるところですが、少し奥に登るとそこにはローラースライダーが。

稲城中央公園2

さまざまな種類のすべり台が

木々の間を抜けて斜面を滑り降り、複合遊具の橋の下をくぐってゴールします。

ローラースライダーの滑り口に向かう間ももちろん、手前側にも雲梯などがついているので色々な遊び方が楽しめそうです。

稲城中央公園4

斜面をつかったさまざまなクライマー

今遊び盛りのお子さんが遊んで楽しいのはもちろん、かつてここで遊んだという大人の方もどこか少し懐かしさを感じられるのではないでしょうか。


kotobuki

取材・記事:株式会社コトブキ 広報部
撮影:澤田聖司
※被写体の承諾を得て撮影・掲載しているものです

 

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 稲城市長峰一丁目1番地
稲城市向陽台四丁目1番地の1
地図
アクセス 稲城駅からバス長峰・若葉台行き「中央公園」下車徒歩約3分
若葉台駅からバス稲城駅行き「中央公園」下車徒歩約4分
市内循環バスで「総合グランド前」下車徒歩約1分
公式サイト