林試の森公園(東京都品川区)

林業試験場の面影を残す自然豊かな公園。森の中には広場や遊具があり、夏にはジャブジャブ池も楽しめます。

水車門

東急目黒線武蔵小山駅から徒歩約15分。道なりに案内標識があるので、あまり迷うことなく辿りつけます。園内に駐車場はないのでご注意を。
公園に向かって歩いていくと、公園の入り口に水車が!そのまま進んでいくと、水車門と呼ばれる門があります。

林試の森公園1

水車門

明治33年、この場所に「目黒試験苗圃」が作られ、その後「林業試験場」へと名を変えました。筑波研究学園都市へと林業試験場が移転した後は公園へと整備され、平成元年に「都立林試の森公園」へと新たに生まれ変わりました。
100年以上の歴史からたくさんの巨木が茂るほか、国内や海外の珍しい樹木など約200種類が植えられています。

林試の森公園2

園内の様子

池と流れ

水車門から中へ進むと、目の前には池と流れが現れます。周りの緑が鮮やかで綺麗でした。

林試の森公園3

池と流れ

様々な植物

公園内には小道に沿って、様々な植物の案内板が設置されています。一つ一つ、説明を読んでいくと植物に詳しくなれるかも。

林試の森公園4

植物の案内板

珍しい樹木

他の公園ではあまりお目にかかれない樹木が多くあり、樹木観察には最適の地です。なかなか見かける機会のない木であるハナガガシをはじめ、ハンカチノキ、ナナメノキ、クロキといった日本の珍しい樹木やカイノキ、シナユリノキなど外国産樹木が植えられています。

林試の森公園5

樹木観察には最適の地です

ユーカリの倒木

園内にはユーカリの倒木が保存されています。平成23年に東日本を襲った戦後最大級の台風15号により林試の森公園の樹木も被害を受けました。台風で倒れたユーカリの巨木は、自然に帰っていく様子を観察できるようにと、倒れた時の姿で残されています。

林試の森公園6

ユーカリの倒木

公園のトイレにも木の名前がついています。写真は「たいさんぼくのトイレ」。「しらかしのトイレ」などもありました。

林試の森公園7

たいさんぼくのトイレ

遊具

幼児コーナーと冒険広場の2ヵ所に遊具があり、子供たちが遊んでいました。幼児コーナーには森の植物のモチーフがついたすべり台、砂場、スプリング遊具などが設置されています。森の中なので、夏でも涼しそうですね。近くには水は入っていませんでしたが、ジャブジャブ池もありました。

林試の森公園8

幼児コーナーの遊具

冒険広場

こちらは冒険広場。少し大きな子向けの遊具です。ターザンロープや複合遊具などがあります。

林試の森公園9

冒険広場

せせらぎ橋

公園の中ほどには、小道や小川の上を通る「せせらぎ橋」という陸橋が渡されています。散歩やランニングをする方の姿を多く見かけました。

林試の森公園10

せせらぎ橋

プラタナスの広場

園内には「もりの広場」「大きな広場」などの広場もあります。「プラタナスの広場」ではゲートボールを楽しむ人の姿も。

林試の森公園11

プラタナスの広場

たくさんの樹木が茂る林試の森公園は、日差しが強い日でも涼しく過ごせる場所です。夏はジャブジャブ池でも遊べますよ。
毎月様々なイベントも行われているので、親子で参加してみるのもよいかもしれません。珍しい植物にも出会えるので、家族やお友達と是非出かけてみて下さいね。

Written by みな(PARKFULライター)
好きな公園:行船公園(東京)・向島百花園(東京)・奈良公園(奈良)
千葉県市川市在住の公園大好きな一児の母です。娘(H25年1月生)のため大規模遊具を求めて、東京や千葉の公園に出かけます。交通手段は主に自転車。最近、口が達者になった娘に振り回される日々・・・。

 

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料 駐車場 なし
住所 東京都目黒区下目黒五丁目、品川区小山台二丁目
地図
アクセス 東急目黒線・都営三田線・東京メトロ南北線「武蔵小山駅」から徒歩10分
JR「渋谷駅」から東急バスで「林試の森入口」下車 徒歩1分
公式サイト