東白鬚公園(東京都墨田区)

緑豊かな防災の拠点。スポーツやレクリエーションの場として親しまれています。

案内図

東白髭(ひがししらひげ)公園は隅田川に沿うように広がる都立公園です。公園を含む広範囲は海抜ゼロメートル地帯。たくさんの住宅や工場があり、震災などの際は大災害となる危険が高いことから、東京都は公園を防災拠点として整備しました。大地震や火災が起きた時には、避難広場となります。

東白鬚公園

案内図

シンボルタワー

南北に広がる公園のほぼ中央にはシンボルタワーがあります。防災の拠点にふさわしく、江戸時代の町火消のシンボル「まとい」の彫刻です。何だか渋くて、頼りがいのありそうですね。

東白鬚公園

シンボルタワー

墨田区は葛飾北斎ゆかりの地

シンボルタワーの近くに、『すみだが誇る世界の絵師 葛飾北斎が描いた風景をたどろう』と題された案内板がありました。江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎は現在の墨田区に生まれ、90年の生涯のほとんどを墨田区で過ごしたといわれています。各作品の題材となった場所や北斎ゆかりの土地にQRコード付の案内板が設置されているそう。スマホなどを片手に、散策の旅に出かけてみるのも面白そうですね!

東白鬚公園

葛飾北斎が描いた風景をたどろう

小野球場

園内にはテニスコートなどのスポーツ施設も充実しています。公園の中ほどには野球場があり、少年たちが練習に励んでいました。

東白鬚公園

小野球場

遊具

公園の南側に進んでいくと、遊具のある広場があります。子供たちがすべり台やブランコなどで楽しそうに遊んでいました。

東白鬚公園

遊具広場

遊具(?)

身長計がついた遊具(?)もありました。

東白鬚公園

身長計がついた遊具?

南池

公園の南北の端には、災害時のための池があります。撮影時は5月下旬でしたが、南池の上では大小色様々な鯉のぼりが泳いでいました。毎年ゴールデンウィークに「すみだ鯉のぼりフェア」が行われているそうです。

東白鬚公園

災害時のための南池

東京スカイツリー

池の隣、南広場からは東京スカイツリーも良く見えます。夜に訪れたら、ライトアップされたツリーも楽しめそうですね。

東白鬚公園

向こうにはスカイツリー

ゲートボール場

公園の南端まで来たので、今度は北エリアにも赴いてみました。途中にはゲートボール場。川の近くなので、遮るものも少なく開放感がある広場です。

東白鬚公園

ゲートボール場

北エリアの遊具

北エリアにも遊具があります。すべり台のたくさん付いた複合遊具。赤色がメインなので明るくて楽しい感じがします。

東白鬚公園

カラフルな複合遊具

雲梯の付いた複合遊具

もう一つ、雲梯とすべり台の複合遊具もありました。公園に沿って高層マンションや都営アパートが立ち並んでいるので、子供たちの楽しい遊び場となっていそうです。

東白鬚公園

雲梯のついた複合遊具

満開のヤマボウシ

北池のほとりでは、ヤマボウシが満開でした。園内には多くの木々が茂り、季節ごとに様々な花が楽しめます。

東白鬚公園

ヤマボウシが満開でした

東白髭公園はスポーツ施設や遊具が充実しているほか、すぐ隣にお寺や神社などもあり、歴史を感じながらの散策も楽しめます。隅田川沿いに広がる緑豊かな公園ですので、是非訪れてみて下さい。

Written by みな(PARKFULライター)
好きな公園:行船公園(東京)・向島百花園(東京)・奈良公園(奈良)
千葉県市川市在住の公園大好きな一児の母です。娘(H25年1月生)のため大規模遊具を求めて、東京や千葉の公園に出かけます。交通手段は主に自転車。最近、口が達者になった娘に振り回される日々・・・。

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料(一部有料) 駐車場 なし
住所 東京都墨田区堤通二丁目
地図
アクセス 東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵」から徒歩7分
公式サイト https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index012.html