県営小幡緑地(愛知県名古屋市)

名古屋市にある小幡緑地は、西園、本園、中央園、東園の4つからなる県営の公園です。現在それぞれが独立した公園のようになっており、各々違う趣を楽しめます。

西園

球技場や野球場、テニスコートなど多くの運動施設のある、小幡緑地の中心となる西園。管理事務所も西園にあります。大型遊具のある広場が2つもあり、子どもたちが楽しそうに駆けまわっていました。

県営小幡緑地

トレーニング室は管理事務所の建物へ

県営小幡緑地

球技場はサッカーや野球に利用できます

本園・中央園

本園は、芝生広場や水景を楽しめる2つの池のほか、絶滅危惧種のマメナシや森の中の遊歩道”木の道”など、豊かな自然の中にあります。昆虫を追う親子や、ジョギングで体を動かす方たちが、思い思いに時間を過ごしていました。本園と隣接する中央園では、4月に自然観察会が開かれます。

県営小幡緑地

本園のシンボル トンボの時計

県営小幡緑地

竜巻池

県営小幡緑地

木の道を通って森の中を散策しよう

県営小幡緑地

芝生広場

県営小幡緑地

芝生広場にある遊具

東園

東名高速道路で2つに分かれていながら、生きた化石と呼ばれるメタセコイヤをはじめ、豊かな緑に囲まれている東園。野球場や児童野球場などがあるほか、展望台や児童園には小さい子ども向けの遊具がいくつかあります。

県営小幡緑地

まるで動物園? 児童園には動物がいっぱい!

運動施設(西園・東園)

小幡緑地には多くの運動施設が存在します。中でも野球場の施設は各園あわせて3つ、球技場を含めると4つも! ほかにも、西園には全12面のテニスコートや、管理棟内のトレーニング室もあり、園全体で地域のスポーツを支えています。(利用についての詳細は公式サイトをご覧ください。)

県営小幡緑地

テニスコート(西園)

県営小幡緑地

野球場(東園)

児童広場・幼児広場(西園)

西園には大型遊具のある広場が2つあります。幼児広場には複合遊具が2つあり、子どもたちの声で賑わっていました。そのほか、面白い実験器具のような遊具やシーソーなどもあります。

県営小幡緑地

児童広場 幅が広ーいすべり台

県営小幡緑地

幼児広場にある複合遊具 その名も”冒険ランド”

小幡緑地はそれぞれの園が広い敷地を持ち、都市の中にありながら豊かな自然に囲まれています。園によって施設もさまざまで、訪れる度に四季の移ろいを感じることができますよ。イベントも多く催されるので、訪れる際にはぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

※この記事は小幡緑地管理事務所の許可を受け、取材・撮影を行っています
Written by まんじゅう丸(PARKFULライター)
好きな公園:グリーンセンター公園(埼玉県川口市)、舎人公園(東京都足立区)、タイヤ公園(東京都大田区)
わんぱく長男と肝の座った長女、二人の母です。上の子は体を動かすことが大好きなので、あちこちの公園へ行きます!

Park Information

開園時間 【西園】8時30分〜19時30分、【本園・東園】8時30分〜19時(4〜9月)、8時30分〜17時30分(10〜3月) 休業日 なし(有料施設は毎週月曜日休業(祝日及び祝日代休日と重なる場合は翌平日)と年末年始(12/29〜1/3))
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 愛知県名古屋市守山区大字牛牧字中山1632-1
地図
アクセス 西園・本園
名二環経由
名古屋方面小幡ICから約2分
大阪方面松河戸ICから約5分
東園
名二環経由
名古屋方面小幡ICから約20分
大阪方面大森ICから約15分
公式サイト https://www.aichi-koen.com/obata/