PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 公園紹介 > 千葉県 > 坂田ヶ池総合公園(千葉県成田市)

坂田ヶ池総合公園(千葉県成田市)

千葉県 2018.09.25
大型遊具 芝生広場 自然が豊か バーベキュー 幼児向け ピックアップ1000公園

坂田ヶ池を囲むように作られた約17haの敷地には豊かな自然が広がります。ジャンボスライダーやミニアスレチックなど、子供たちに人気の遊具が詰まっているもの大きな魅力。思い切り体を動かして一日中遊ぶのにぴったりの公園です。

スリル満点の吊橋

園内に足を踏み入れてまず目に入るのが、巨大な吊橋(龍の道)です。森の遊び場とジャンボスライダーを結ぶ位置にあり、かなりの高さでスリル満点。すぐ下にある斜面広場では、芝生の上でテントを張ったり、フリスピーを飛ばしたり、自由に遊びを楽しめます。

坂田ヶ池総合公園

歩く度に揺れる感覚にドキドキ

坂田ヶ池総合公園

ジャンボスライダーが見えました

坂田ヶ池総合公園

斜面広場の様子

全長78ⅿのジャンボスライダー!

吊橋を渡るとジャンボスライダーの入口があります。全長78m!遊具の中でも一番人気で、一日中キャーキャーとはしゃぐ子どもたちの声が聞こえました。緑の生い茂る斜面をくぐり抜ける迫力もあってか、子どもと一緒になって滑る大人の姿も多く見られました。(お尻が痒くなるので段ボール等の持参をおすすめします)

坂田ヶ池総合公園

「どっちが前に座るか」で楽しそうに揉めていました

坂田ヶ池総合公園

緑の中を駆け抜けて

坂田ヶ池総合公園

フィニッシュ!

龍のアスレチック

森の遊び場には、色々な遊びができるミニアスレチックがあります。このアスレチック、公園地域に残る「日照り続きの村に雨を降らせた龍の伝説」にちなみ、2匹の龍が追いかけっこをしている様子を表したのだとか。訪れた際は是非「これが頭かな?」なんて想像しながら楽しんでみて下さい。

坂田ヶ池総合公園

小龍の形をした遊具

坂田ヶ池総合公園

大龍の方は遊びごたえ十分です。

坂田ヶ池総合公園

ターザンロープでスイスイ。

プカプカ・不思議な浮橋

坂田ヶ池の真ん中には人道橋が続いており、自由に散策できます。足元の浮橋は少しプカプカして不思議な感覚。清々しい景色の中を歩いているだけで、すっかりリフレッシュした気分になれました。

坂田ヶ池総合公園

気持ちのいい眺めです。

坂田ヶ池総合公園

鯉がたくさん寄ってきました。

坂田ヶ池総合公園

野鳥の姿も。

格安で秋キャンプも

園内にあるキャンプ場では、炊事棟が設置されておりバーベキューも楽しめます。利用料金は大人一人300円(市内在住は200円)と格安。この日も午前中から人気で、次々とテントが建てられていく様子が見られました。※9時~16時、16時~9時の単位で要予約。

坂田ヶ池総合公園

キャンプ場近くにはサブ駐車場があり、荷物の持ち運びも楽です。

坂田ヶ池総合公園

公園の全体図。

広くて遊び切れないのでリピートしたくなる公園だと思います。お弁当を持参すれば一日中楽しめそうです(自動販売機とアイスクリームの販売機あり)。ジャンボスライダーがとにかく人気で、子供たちの笑顔とはしゃぎ声にこちらまで元気になってしまいました。

※この記事は成田市の許可を受け、取材・撮影を行っています
記事の内容は取材時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください
Written by 安達 梢(PARKFULライター)
好きな公園:国営昭和記念公園(東京都立川市)、井の頭恩賜公園(東京都武蔵野市)
情緒のある庭園も大好きです。取材を通じて出会う公園の魅力に興奮しながら撮影しています。

Park Information

開園時間 常時開園 休業日 なし
入園料 無料 駐車場 無料
住所 千葉県成田市大竹1450番地
地図
アクセス JR成田線「下総松崎駅」から徒歩約15分
東関東自動車道「成田IC」から車で約15分
公式サイト https://www.city.narita.chiba.jp/shisetsu/page000195.html

楽しみながら交通ルールを身につけよう!交通公園特集

お弁当を持って公園へ行こう!近畿地方のピクニックにオススメの公園