飛鳥山公園(東京都北区)

王子駅中央口を出て左に見えるのが飛鳥山公園。江戸時代から続く都内でも有数の桜の名所として知られています。
公園の入り口ではモノレールがお出迎え。正式名称「飛鳥山公園モノレール」愛称「あすかパークレール」車両名「アスカルゴ」。長い。入り口から山頂まで約2分ととても短いです。体の不自由な方や小さな子供でも山頂まで行くことができるので、花見の時期には行列ができるほど人気です。逆に平日は貸切で利用できます。

飛鳥山公園

公園の入り口ではモノレールがお出迎え

車内では北区アンバサダーである倍賞千恵子さんの四季ごとに変わるアナウンスが楽しめます。

飛鳥山公園

倍賞千恵子さんの四季ごとに変わるアナウンスが楽しめます

飛鳥山公園

モノレールで山頂へ着くと広々とした遊歩道と広場。お昼ご飯を食べたり、昼寝をしたり、絵を描いたりとみんなそれぞれの楽しみ方で過ごしていました。

飛鳥山公園

見所がたくさんあります

飛鳥山公園

みんなそれぞれの楽しみ方で過ごしていました

園内は見所が多く書ききれないほどあるので、私的に気になった部分のみをピックアップして紹介していきたいと思います。

児童エリア

特に目を引くのはお城の形をした複合遊具に2台の電車。
子供たちが元気いっぱいに走り回っている姿が印象的でした。

飛鳥山公園

お城の形をした複合遊具は公園のシンボル

飛鳥山公園

都電の中に入れます

電車は中に入ることができます。ただ車内は落書きも目立っていたので残念。

飛鳥山公園

年季を感じるハンドル

飛鳥山公園

D51。通称デゴイチ。

目立たないけど、味わい深いオブジェや遊具も多数。なぜか全体的に海産物押しです。

飛鳥山公園

タコのオブジェ

飛鳥山公園

ちょっと怖い人魚。

飛鳥山公園

サザエ?の形の遊具

飛鳥山公園

サンゴ礁型の遊具

昔ながらの売店も設置してあります。

飛鳥山公園

昔ながらの売店

飛鳥山公園

種類が豊富で迷っちゃいます

多目的広場

噴水や水場が設置されているので当日はたくさんの親子連れの方々がビニールシートを敷いてピクニックを楽しんでいました。

飛鳥山公園

たくさんの親子連れの方々がピクニックを楽しんでいました

飛鳥山公園

暑い日には水遊びが一番

紙の博物館

飛鳥山公園内には3つの博物館が併設されており、その中の一つです。館内では定期的に紙に関わるイベントが開催されていて、夏休みの自由研究などに良さそうです。

飛鳥山公園

3つの博物館のうちの1つ『紙の博物館』

飛鳥山公園

夏休みの課題に良さそうです

花見目的じゃなくても楽しめるものがたくさんある公園です。

Park Information

開園時間 常時開園(一部閉鎖区域あり) 休業日 なし
入園料 無料(一部有料施設あり) 駐車場 あり
住所 東京都北区王子1-1-3
地図
アクセス JR京浜東北線「王子駅」中央口か南口下車すぐ
都電荒川線「飛鳥山」下車すぐ
北区コミュニティバス「飛鳥山公園」停留所下車すぐ
公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。