大倉山公園(神奈川県横浜市)

大倉山駅徒歩7分。歴史的建造物「大倉山記念館」がある市民の憩いの場。梅林もあり毎年「大倉山観梅会」が開催されます。

梅が綺麗な公園です

大倉山観梅会。毎年2月末〜3月初めの週末に開かれています。(写真は全て2015年の様子。2016年は2/27・28開催。)駅前から公園までたくさんの人で賑わいます。

大倉山公園

大倉山観梅会

野点茶会や野外ステージでのダンスや演奏なども行われます。

大倉山公園

観梅会を盛り上げるさまざまな催し

梅林には様々な種類の梅が咲いています。32種類200本とのこと。私は花香実(かぐみ)という女性の名前のような美しい響きの梅に惹かれました。

大倉山公園

花香実(かぐみ)という梅

大倉山で採れた梅で作ったオリジナルの梅酒「梅の薫」も販売しています。肝心の梅酒の写真がありませんが、今年こそ飲んでみたいと思います!

大倉山公園

梅酒の販売も

桜の季節よりは少し寒いですが、梅の花の下、レジャーシートを敷いてお弁当を食べる人の姿もありました。

大倉山公園

一足早いお花見

駅から近いのが利点。しかし急な坂道…

大倉山駅徒歩7分。と駅から近いのですが、公園までの坂は本当に急です。横目に東横線の電車を見ることができるのでお子さんは楽しめるますが、この日も坂道を駆けて転ぶ子どもたち、3歳くらいの男の子を抱っこしながら息を切らし登るお母さん、ゆっくりと坂を歩く老夫婦、と様々な人たちが梅を楽しみに公園へ向かっていました。

大倉山公園

公園へ向かう坂道

大倉山記念館

公園内には「大倉山記念館」という歴史的建造物があります。元は大倉精神文化研究所の本館として昭和7年に造られたそうです。現在は横浜市の施設として、ホールやギャラリー、会議室等を使用することができます。ホールではコンサート等のイベントも行われています。
http://o-kurayama.com/

大倉山公園

大倉山記念館

梅を観るのに子どもが飽きてしまった場合にも、ご心配なく。

梅を観ていても、子ども達は割とすぐに飽きてしまいますが、こちらの公園は十分に広いので、子どもが楽しめるポイントもたくさんあります。

①ドングリ拾い
大量のドングリを見つけて、無言で拾う子どもたち。

大倉山公園

ドングリに夢中

一部芽が出ているものもありました。ここからドングリの木がまた育つのでしょうか。

大倉山公園

ドングリも生きています

②不思議な根っこ
小さい子どもなら通れる木の根の隙間。ここを何度も繰り返しくぐって遊んでいました。

大倉山公園

子どもにとってはここが遊び場

③広場
子どもたちが走り回れる場所も、ちゃんとあります。

大倉山公園

木々に囲まれた広場

他にも遊具がある場所もあります。広い公園ですので、散策するだけで半日経ってしまいます。
今年の観梅会、ぜひ楽しまれてはいかがでしょうか。