小田原フラワーガーデン (神奈川県小田原市)

温室のトロピカルドームがあり、一年中いろいろな種類のお花を楽しむことができる公園です。水遊びのできる噴水や滑り台もあるので、子供と一緒に訪れてみたい場所です。

トロピカルドーム

トロピカルドーム温室のあるメインの建物です。中にはカフェもあるので、少し休憩することもできます。
この温室は隣のごみ処理施設の熱が使われているそうで、約300種類の熱帯植物が一年中鑑賞することができます。

小田原フラワーガーデン1

トロピカルドーム温室

バラ園のバラは5月中旬、撮影時は丁度満開。色鮮やかな大輪ノバラが甘い香りを漂わせていました。
中央には「アルカディア広場」「おどる噴水」もあります。夏には噴水で遊ぶ元気な子供たちの声がします。

小田原フラワーガーデン2

アルカディア広場

水やりをしたばかりの午前中。まだまだ人が少ない時間帯でしたが、お昼すぎにはたくさんの人たちがバラを楽しんでいました。

小田原フラワーガーデン3

バラが満開です

小田原フラワーガーデン4

たくさんの人たちがバラを楽しんでいました

駐車場近くの花壇にも色鮮やかなバラが植えられています。

小田原フラワーガーデン5

花壇にも色鮮やかなバラが

遊具広場

トロピカルドーム温室の奥には、無料で入れる「展示温室」もあります。バナナの木や睡蓮などがありました。こちらもぜひ立ち寄ってみてください。
そのすぐそばには小さな子供用の滑り台遊具。ベンチもあり、少し休める場所になっているので、ここで休憩もいいですね。ここからハーブガーデンを見ることもできます。

小田原フラワーガーデン6

滑り台

梅林や池周辺

ローズガーデンの奥に入っていくと、梅林があります。小さな梅の実がたくさんなっていました。そのさらに奥には睡蓮やハナショウブの咲く池。
洋風なバラ園とは対照的に、こちらでは和の庭を楽しむことができます。

小田原フラワーガーデン7

ハナショウブ池

そばには小川も流れています。

小田原フラワーガーデン8

小川も流れています

屋根付きの休憩所もあるので、小川の流れを聞きながらゆっくりするのもいいですね。他にも野外卓がいくつも置かれているので、ピクニックをすることもできますよ。
梅林の奥には「県立おだわら諏訪の原公園」に続く通路もあります。

小田原フラワーガーデン9

屋根付きの休憩所

142品種345本のバラや約200品種480本の梅の花など、一年中いろいろな種類の植物を楽しむことができる小田原フラワーガーデン。見たことのない植物に出会えるかもしれません。ぜひ一度訪れてみてください。

Written by まろりー(PARKFULライター)
好きな公園は港の見える丘公園やソレイユの丘、諏訪の原公園など。子供が思いっきり遊べて青空の下でお弁当が食べれる、お花がたくさん咲く公園が好きです。趣味はバラとガーデニングです。

 

Park Information

開園時間 9:00〜17:00 休業日 月曜日・祝日直後の平日
年末年始(12/29〜1/3)
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 神奈川県小田原市久野3798−5
地図
アクセス 伊豆箱根鉄道大雄山線「飯田岡駅」から徒歩約20分
「小田原駅」から伊豆箱根バスで「フラワーガーデン」下車すぐ
公式サイト http://www.seibu-la.co.jp/odawarafg/