元渕江公園(東京都足立区)

足立区の元渕江公園は、園内に足立区生物園を擁する公園です。池では釣りを楽しむことができ、多目的広場や遊具広場では子どもたちが思い思いに遊んでいます。
クリスマスシーズンに開催される「光の祭典」は公園内がイルミネーションで彩られ、たくさんの人でにぎわう必見のイベント。夕方からの「光の祭典」に合わせて生物園では夜間の特別イベントもおこないます。

足立区生物園

公園内にある生物園は昆虫からカンガルー、ひつじや馬など多彩な生き物が展示されています。
動物とふれあうこともでき、イベントも豊富に開催されているので、何度行っても楽しめますよ。入場料など詳細は公式サイトでご確認ください。

元渕江公園

元渕江公園内にある足立区生物園

元渕江公園

「ごはんの時間」では解説つきで食事風景を見られる

元渕江公園

ふれあいコーナーでは動物にエサをあげられます

足立区生物園はイベントもりだくさん!

この日はちょうど前日に羽化したばかりの蝶々を放すことができました。運が良ければ蝶々をさわれるかも?!

元渕江公園

運が良ければ蝶々を温室に放せるかも

11月、12月に開催される「光の祭典」

クリスマスシーズンには元渕江公園内と、竹ノ塚駅から公園までの並木道がイルミネーションで彩られます。(2016年12月現在) 幻想的な光に包まれる夜の元渕江公園では、多くの方が光の散歩道を楽しみます。

元渕江公園

光の大海原

元渕江公園

公園内が幻想的に彩られます

遊具にも生き物がいるよ

生物園があるからか、子どもたちが駆け回る公園内の遊具には生き物のイラストが描かれています。

元渕江公園

クモの気持ちがわかるかも?

元渕江公園

すべり台からカエルがのぞいてる!

元渕江公園

遊具広場の奥には多目的広場も

公園内にある池で釣りも楽しめる

噴水のある池を囲んで、みなさん釣糸を垂らしています。静かな時間が流れ、子供たちも釣りを楽しむ風景は和やかなものでした。

元渕江公園

何が釣れるかな?

元渕江公園

散策を楽しむ人も多い

元渕江公園には、じっくりと釣りを楽しむ大人から、生物園で動物と触れ合う笑顔の子どもまで様々な人が訪れています。
生物園内のイベントはとても凝った内容で、大人でもじっくりと楽しめますよ。小学生は夏休みの自由研究などにもいいかもしれませんね。

※この記事は足立区の許可を受け、取材・撮影を行っています
Written by まんじゅう丸(PARKFULライター)
好きな公園:グリーンセンター公園(埼玉県川口市)、舎人公園(東京都足立区)、タイヤ公園(東京都大田区)
わんぱく長男と肝の座った長女、二人の母です。上の子は体を動かすことが大好きなので、あちこちの公園へ行きます!

 

Park Information

開園時間 常時開園(足立区生物園:
9:30~17:00(2~10月)
9:30~16:30(11~1月)
※夏休み期間中は、17:30まで)
休業日 なし (足立区生物園:
月曜日(祝日の時は翌日)、
年末年始(12月29日~1月1日)
夏休み期間中は休まず開園)
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 東京都足立区保木間2-17-1
地図
アクセス 「竹ノ塚駅」から徒歩約20分
公式サイト http://www.seibutuen.jp/index.htm(足立区生物園)

アプリなら小さい公園もすべて掲載!

全国11万箇所以上の公園が検索できる
公園情報No.1アプリ「PARKFUL」

いますぐ無料ダウンロード!

badge google-play-badge