百道中央公園(福岡県福岡市)

百道中央公園は観光地にありながら、安全性に優れている公園。子ども向け遊具も充実しています。

サザエさん通りに面する公園

サザエさんの作者、長谷川町子さんが作品の着想を得たと言われている百道浜(ももちはま)海岸。そのシーサイドももち地区から明治通りまでが「サザエさん通り」と言われています。そのサザエさん通りに面する公園が百道中央公園です。

百道中央公園

サザエさん通り看板

百道中央公園

シーサイドももち地区の地図

3つのエリアからなる公園

様々なスポーツに利用できる多目的広場、親子が安心して遊べる芝生広場、遊具たっぷりの子供の広場と3つのエリアに分かれています。公園の周りはマンションが立ち並び、街の人の憩いの場や健康づくりに欠かせないスポットとなっています。

百道中央公園

百道中央公園案内図

様々なスポーツが楽しめる多目的広場

観光地でありながら文教地区でもあるシーサイドももち地区で、地域の子供たちの試合会場やサークル活動に欠かせない場所となっている多目的広場。ゲートボールやグランドゴルフの会場としても利用されています。

百道中央公園

ナイター照明もある11781㎡の多目的広場

安心して楽しめる芝生広場

最近では公園でのボールの使用禁止が増え、キャッチボールのできない子供が増えています。この公園ではキャッチボールが可能な芝生広場と小さな子供の遊び場を分けることで、双方が楽しめる仕組みになっています。

百道中央公園

百道中央公園芝生広場

沢山の遊具で楽しめる子供の広場

小さな子どもが楽しめるカラフルな遊具から小学生まで楽しめるコンクリートすべり台やアスレチックまで様々な遊具があります。多目的広場や芝生広場とエリアを分けることで安全性が高まり、保護者も安心して見守れます。

百道中央公園

様々な遊具が立ち並ぶ子供の広場

百道中央公園

公園から見える福岡タワー

百道中央公園

子供を見守れる屋根付きベンチ

公園には福岡市総合図書館や福岡市博物館が隣接しており、施設を利用する際に是非ともたち寄りたい公園です。園内には2ヶ所のトイレがあり、設備面でも問題なし。近隣には飲食店も豊富なので、利用者も多く、賑わっている印象でした。

※この記事は福岡市の公園使用許可を受け、取材・撮影を行っています
Written by blue(PARKFULライター)
好きな公園:大濠公園、海の中道海浜公園、東平尾公園
公園で日なたぼっこしながら、お弁当を食べるのが大好きです!

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 福岡市早良区百道浜三丁目2
地図
アクセス 西鉄バス「百道中央公園西口」下車、徒歩3分
公式サイト

アプリなら小さい公園もすべて掲載!

全国11万箇所以上の公園が検索できる
公園情報No.1アプリ「PARKFUL」

いますぐ無料ダウンロード!

badge google-play-badge