カフェと公園の可能性<NOZY COFFEE ×世田谷公園>

カフェ x 公園インタビューVol.1 NOZY COFFEE三宿店

世田谷公園の道を挟んだ向かいにあるNOZY COFFEE三宿店。

第12回PARKFULフォトコンテストでは「Find your own cafe space!」をテーマに公園内のカフェができる空間の写真を募集しています。また今回は公園の近くにあるカフェに近隣の公園やオススメのメニューを紹介してもらうことにしました。その第1回目として世田谷公園(東京都世田谷区)の近くにあるNOZY COFFEE三宿店さんにご協力いただきました。

NOZY COFFEE

コーヒー豆の生産地、農家、焙煎方法など全てのプロセスが明確にされているこだわりの豆を、一切ブレンドせずに使用するシングルオリジンコーヒーを提供してくれるお店。2010年に三宿に一号店がオープンし、以来ファンを増やし続けています。今回は三宿店の店長・鈴木辰一郎さんに開店前の貴重なお時間とブエナビスタという美味しいコーヒーをいただき、公園とコーヒーについてお話を伺いました。

地下と中二階からなるおしゃれな店内

地下1階と中2階からなる店内には約10人分のイスとベンチとテーブルがあるのみ。お客さんの多くはテイクアウトをしてこだわりのコーヒーを楽しむといいます。

三宿店店長、鈴木辰一郎さん。下北沢の「COFFEA EXLIBRIS」にてスペシャリティコーヒーに出会い、コーヒーの魅力にはまりコーヒー業界へ転身。現在の目標はパン屋さんでパンを買うのと同じくらい普通にコーヒー屋さんでコーヒー豆を買ってもらう暮らし作り。

公園とカフェをセットに

バス通りを挟んで向かい側には世田谷公園、そしてお店のすぐ隣には下馬すずかけ公園というまさに公園に恵まれた立地にあるNOZY COFFEEですが、この場所を選んだ理由はオーナーの能城政隆さんが三宿に思い入れがあったからで、当初公園に特別なこだわりはなかったそうです。しかし結果的には公園の行き帰りに来てくれるお客さんもいて、良かったと鈴木さんは話してくれました。
カウンター越しに窓の外を見ているのでお店を出た後のお客さんの行動が見られるわけではないですが、天気のいい日は隣の下馬すずかけ公園にマグカップを持ってコーヒーを楽しみカップを返しに戻って来てくれる、おしゃれなカフェと公園の使い方をマスターしているお客さんもいるそうです。

@下馬すずかけ公園(東京都世田谷区)ベンチがあるのでここで座ってくつろぐこともできる。道を渡ったところに世田谷公園がある。

NOZYのNとZとコーヒーカップを表したロゴ。

豆と公園を気分で選ぶ、おしゃれな楽しみ方

鈴木さんご自身に好きな公園を伺うと、返って来た答えは昭和記念公園駒場公園。昭和記念公園はサンドウィッチなどを持って休日に出かけることもある「わざわざ行く」ことを楽しめる公園で、駒場公園はちょっと日常と離れて一息つきたい時に出向く公園だといいます。家でも丁寧に淹れた一杯を楽しむという鈴木さんに、お客さんにもお勧めをする”公園に持って行きたいコーヒーは?”という質問をすると「お客様がどんな気分で公園で過ごしたいかによります」と答えてくれました。

お店にはOMAKASEというメニューがありますが、それはバリスタがお客様の気分や飲みたいテイストを伺って、豆を選定し、バリスタの技術で理想の味に仕上げていくものなので、公園に持っていくコーヒーもどんな気分で公園で過ごしたいかによります。私の場合であれば公園でゆったりした気持ちで過ごしたいので、しっとりとした甘さがあって、舌触りが丸く滑らかなコーヒーをドリップして持っていくと思います。

この鈴木さんの言葉からコーヒー豆の種類の多さに改めて驚かされたのと、どんな風に公園で過ごしたいか、を考えながらコーヒーを選んで持っていくのも新しい公園とコーヒーの楽しみ方を発見したような気がしました。

ミニSLやアスレチック、遊具、交通公園、プール等様々な遊びが詰まった公園。年間を通して幅広い層に利用されている。@世田谷公園(東京都世田谷区)

公園と一杯のコーヒー

最後に公園とカフェの可能性、ということでどんなコラボレーションができるかという話題になり、公園の中のカフェバイクについてお話ししました。PARKFULでは海外視察を通し、欧米の公園でカフェバイク(コーヒーを自転車やスクーターに積み、公園でコップに注ぎ売るカフェ)を見て来たので、世田谷公園の目と鼻の先にあるNOZY COFFEEではそんなこともできるのでは、と聞いてみました。

コペンハーゲンの公園に出ていたカフェバイク。荷台にエスプレッソマシーンが積んである。

しかしそこには最高の一杯を提供したいというバリスタのジレンマがあるようです。「店舗を超えてコーヒーをより多くの方にお届けできる魅力はありますが、カフェバイクでは設備の整ったお店と同じクオリティのコーヒーを出すことが難しい。NOZY COFFEEとしては一番美味しい状態のコーヒーをお客様に届けたい」ということで現時点での出店予定はないようです。それでも、世田谷公園で飲むとすれば噴水の周りがいいのではないでしょうかというご近所の鈴木さんのオススメをいただきました。

この冬は皆様もNOZY COFFEEと世田谷公園へ出かけてみませんか?

鈴木さんオススメの世田谷公園の噴水広場

NOZY COFFEE Information

創業7年目を迎えるスペシャルティ・コーヒーを専門とするカフェ。ここ三宿店から始め現在は3店舗(木更津店、原宿店)を経営されています。

開店時間 10:00~18:00 休業日 なし
駐車場 なし
住所 東京都世田谷区下馬2-29-7
地図
アクセス 東急世田谷線・田園都市線「三軒茶屋駅」から徒歩15分
東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩15分
渋谷31 系統~34 系統の東急バス
自衛隊中央病院入口下車1分
公式サイト http://www.nozycoffee.jp/index2.php

Park Information

世田谷公園(東京都世田谷区)

2016.12.01
開園時間 施設により異なる 休業日 なし
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 東京都世田谷区池尻1−5−27
アクセス 東急世田谷線・田園都市線「三軒茶屋駅」から徒歩18分
東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩18分
公式サイト http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004239.html

第12回PARKFULフォトコンテスト開催中!

【募集終了】第12回PARKFULフォトコンテスト - Find your own cafe space! -

2016.12.16

アプリなら小さい公園もすべて掲載!

全国11万箇所以上の公園が検索できる
公園情報No.1アプリ「PARKFUL」

いますぐ無料ダウンロード!

badge google-play-badge