県立)四季の森公園(神奈川県横浜市)

みなとみらいなど港町のイメージが強い横浜。賑やかなベイエリアから少し離れれば、自然も多く残っています。
県立四季の森公園は、横浜の市街地とは思えないほど、緑豊かな公園です。水田や炭焼き小屋など里山の様子を伝える施設が点在するほか、遊具やじゃぶじゃぶ池等もあり、大人から子どもまで楽しめます。

北口広場とはす池

JR横浜線・横浜市営地下鉄中山駅から15分ほど歩くと、公園の北口に到着です。七夕の頃の訪問だったので、北口広場には笹が飾られていました。
中へ進んでいくと、大きな池が見えてきます。池沿いの道では、紫陽花やヤマユリが咲いていました。

県立)四季の森公園

北口広場

県立)四季の森公園

はす池

県立)四季の森公園

季節の花々も楽しめます

じゃぶじゃぶ池

北側エリアには、じゃぶじゃぶ池があります。暑い日だったので、水遊びを楽しむ親子で賑わっていました。
園内には、たくさんの木が生い茂り、日差しを遮ってくれます。じゃぶじゃぶ池のあたりも木陰が多く、涼しく過ごせます。

県立)四季の森公園

浅いので小さい子でも安心

起伏に富んだ地形につくられた四季の森公園。じゃぶじゃぶ池も、丘陵に沿って上下2ヵ所に設けられています。
下の池には、滝などもありました。

県立)四季の森公園

上から見た下のじゃぶじゃぶ池

遊具広場

じゃぶじゃぶ池の近くには、遊具広場があります。滑り台やウンテイなどが組み合わされた複合遊具があり、色々な遊びを楽しめます。

県立)四季の森公園

滑ったり、よじ登ったり

遊具広場には木陰があまりなく、金属製の滑り台は日差しを受けて、少し熱くなっていました。
夏場は注意が必要かもしれません。

県立)四季の森公園

暑くても元気に遊ぶ子どもたち

南側エリア

遊具広場から、今度は公園の南側エリアへとやってきました。南口広場には噴水があり、涼を求める方々で賑わっていました。

県立)四季の森公園

噴水の中には入れません

南口には売店があり、ボールやお菓子を購入できます。

県立)四季の森公園

売店

展望広場

売店の近くには、展望広場があります。青々とした芝生の広場は、ピクニックにももってこいのスポット。
広場の中央には、展望台が設けられています。

県立)四季の森公園

展望広場

石段を上がると、辺りの景色が一望できます。

県立)四季の森公園

見晴らしも楽しめます

ジャンボすべり台

展望広場には、ジャンボすべり台が設置されています。訪問時は残念ながら使用禁止でしたが、公式サイトによれば、現在は修理が終わり、遊べるようになっているそうです。

県立)四季の森公園

ジャンボすべり台

県立)四季の森公園

緑のトンネルの中を滑ります

里山の風景が残る場所

自然豊かな四季の森公園。園路沿いもたくさんの木が茂り、ちょっとしたハイキングも楽しめます。
秋にはドングリなども拾えそうですね!

県立)四季の森公園

森の中を散策

水車小屋などもあり、里の暮らしを今に伝えます。

県立)四季の森公園

趣ある水車小屋

19種類もの桜が植えられた「さくらの谷」や約4,500株のハナショウブが咲き誇る「しょうぶ園」など、ほかにも園内は見どころ満載。
自然と触れ合え、のびのびした気持ちになれる素敵な公園です。

※この記事は神奈川県の許可を受け、取材・撮影を行っています
Written by みな(PARKFULライター)
好きな公園:行船公園(東京)・向島百花園(東京)・奈良公園(奈良)
千葉県市川市在住の公園大好きな一児の母です。娘(H25年1月生)のため大規模遊具を求めて、東京や千葉の公園に出かけます。交通手段は主に自転車。最近、口が達者になった娘に振り回される日々・・・。

Park Information

開園時間 常時開園 休業日 なし
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 神奈川県横浜市緑区寺山町291
地図
アクセス JR横浜線中山駅、横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅から徒歩約15分
公式サイト http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/