PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 公園紹介 > 埼玉県 > トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園(埼玉県飯能市)

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園(埼玉県飯能市)

埼玉県 2018.06.07
自然が豊か カフェ・レストラン 彫刻・アート 幼児向け ピックアップ1000公園

埼玉県飯能市にある「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は年間来場者数が20万人を超える人気スポットです。公園の基本理念は「自然との共生、自我と自由の尊重」。フィンランドの児童文学作家、トーベ・ヤンソンの世界観を具現化しており、一歩足を踏み入れると異世界に迷い込んだような感覚に陥ります。

ファンタジーな世界観に埋没してみよう!

奥武蔵の自然が広がる緑の中に不思議な建物が並んでいます。よーく見てみると妖精のようなキャラクターがいたるところで皆さんを迎え入れてくれていることがわかります。既成概念に捉われることなく、まずは公園の世界観に身をゆだねてみてはいかがでしょうか。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

木漏れ日に包まれた公園内の歩道 写真提供:トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

色鮮やかな「マーガレット」と静かにたたずむ「とんがり屋根の小屋」

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

妖精のようなキャラクターたちが来場者を迎えます

童話の世界がリアルになった「きのこの家」

中に入るとリビングや台所などが設置されており、訪問者をあたたかく迎え入れてくれる「家」としての形をなしていることがわかります。やけに小さいベッドや不規則な曲線を描く階段の手すりなど、想像力をかきたてるような構造物が来園者の頭脳を刺激します。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

屋根にもなんか生えてる? きのこの形の「きのこの家」

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

誰が寝るベッドなんだろう。窓から漏れてくる光が柔らかい。

北欧の雰囲気を食べてしまおう!「Café PUISTO」6月1日オープン

Café PUISTO」が公園内にて6月1日にオープン。「人と地域がつながり、ゆっくりと北欧時間が流れる場所」をコンセプトに、おしゃれな内装でお客さんを迎えます。
メニューは、北欧料理のオープンサンドをメインに、地場野菜を使用したシーズナルメニュー、ブルーベリータルトなど北欧らしいラインアップを提供する予定です。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

青を基調としたおしゃれな外観の「Café PUISTO」

山の中の小さな図書館「森の家」

飯能産のヒノキ丸太を縦に連ねた壁が特徴の「森の家」には、トーベ・ヤンソンのこれまでの経歴を記した資料パネルを展示。最上階には絵本や童話など約700冊をそろえており、読書スペースも配置されています。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

ひっそりとたたずむ「森の家」

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

2階にある小さな図書館

鮮やかな緑と澄んだ空気。その中に突如現れたファンタジー感あふれる建物は周囲と絶妙な調和を成しています。園内には小川や小道が整備されており、子供の水遊びにも犬の散歩にも適しています。一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

※この記事はトーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園管理事務所の公園使用許可を受け、使用料を納付の上、取材・撮影を行っています
Written by 梶原誠司(PARKFULライター)
好きな公園:等々力緑地(神奈川県川崎市)
公園でベンチに座って、ぼんやりして、ぼーっとして、ぼんやりするのが好きです。

Park Information

開園時間 9:00〜17:00(季節によって延長あり) 休業日 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌平日)
入園料 なし 駐車場 あり
住所 埼玉県飯能市大字阿須893-1
地図
アクセス 西武池袋線「元加治駅」下車 徒歩約20分
公式サイト https://www.city.hanno.lg.jp/akebono

華やかに凛と咲き誇る!花菖蒲が見られる公園特集

城山公園(埼玉県桶川市)