PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> PARKFUL情報 > ニュースリリース > 歴史遺産である2つの国営公園を舞台に、フォトコンテストを開催! 〜 国営飛鳥歴史公園・平城宮跡歴史公園 〜

歴史遺産である2つの国営公園を舞台に、フォトコンテストを開催! 〜 国営飛鳥歴史公園・平城宮跡歴史公園 〜

ニュースリリース 2018.08.23

このたびPARKFULでは、奈良県内の2つの国営公園「国営飛鳥歴史公園」「平城宮跡歴史公園」を対象としたフォトコンテストを、同公園の管理者である飛鳥管理センター・平城宮跡管理センター・平城京再生プロジェクトと共同開催いたします。

募集期間は2018年8月24日(金)〜12月10日(月)、募集テーマは「国営飛鳥歴史公園・平城宮跡歴史公園の歴史や自然が感じられる風景、利用や行催事の風景」です。応募はPARKFULアプリまたはWebサイト上より行なえます。来園者のみなさまそれぞれの視点で切り取った、公園の新たな魅力を募集します。たくさんのご応募をお待ちしております。

▼フォトコンテスト募集要項・詳細
https://parkful.net/2018/08/asuka-heijo2018/

▼告知素材はこちら(本コンテストに関わるメディア掲載・告知等にご利用ください)
https://drive.google.com/drive/folders/1cYCcnoEUWF6lC00KRjb2k7aRYauFDTl2?usp=sharing

2つの国営公園について

国営飛鳥歴史公園

飛鳥の豊かな自然と文化的遺産の保護、活用を図る一環として、国土交通省によって整備された公園です。公園といってもフェンスなどで仕切られている訳ではなく、「高松塚周辺地区」、「石舞台地区」、「甘樫丘地区」、「祝戸地区」、「キトラ古墳周辺地区」の5地区総面積約60haからなり、それぞれの特色を生かした公園づくりが行われています。

公式HP:https://www.asuka-park.go.jp/

平城宮跡歴史公園

平城宮跡歴史公園は、奈良市内に広がる特別史跡平城宮跡を計画地とした国営公園です。世界遺産「古都奈良の文化財」の構成資産の一つでもあり、日本を代表する歴史・文化資産である平城宮跡の一層の保存・活用に取り組んでいます。国営公園としての全体開園はこれからですが、2018年3月24日、朱雀大路を中心に観光拠点ゾーンとして整備していた「朱雀門ひろば」が一部開園しました。

公式HP:https://www.heijo-park.go.jp/

国営飛鳥歴史公園・平城宮跡歴史公園フォトコンテスト2018

人気の公園シネマの仕掛け人に聞く!「新宿パークシネマフェスティバル」はどのように実現したのか