PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> PARKFUL情報 > フォトコンテスト > 第15回 PARKFULフォトコンテスト「秋の絶景」

第15回 PARKFULフォトコンテスト「秋の絶景」

フォトコンテスト 2018.09.13
Pickup

PARKFULではスマートフォンアプリとWedメディアを通じて「公園をもっと楽しく、もっと身近に。」をテーマに公園情報を発信しています。全国11万以上の公園データが入ったアプリでは、公園を利用されるユーザーの皆さまから全国の公園の魅力を投稿していただき、運用をしています。本コンテストでは、アプリでのユーザーの皆さんの投稿写真から、テーマに沿う最も素晴らしい写真を表彰させていただき、この作品をより多くの方へ周知することを通して公園の魅力を伝えていきます。

公園フォトグラファーも募集中!

ただいまPARKFULで紹介する公園の写真を撮影していただけるフォトグラファーの方を募集しています! 公園の魅力をあなたの写真で伝えてみませんか? 詳細はこちら>

テーマ

秋の絶景
四季のある、日本ならではの風景が魅力の「秋」。今回のフォトコンテストでは、紅葉はもちろん、彼岸花やコスモスなどの秋に咲く花や、紅く染まる夕日などなど… 公園で見られる秋らしい絶景写真を募集します。名所に限らず、みなさんの身近な公園に意外な秋の絶景が眠っているかもしれません。ぜひこの機会に公園の風景に目を向けてみてはいかがでしょうか。たくさんのご応募お待ちしています!

あづま総合運動公園

あづま総合運動公園(福島県福島市)「紅葉の美しい公園フォトコンテスト」入選作品より

あけぼの山農業公園(千葉県柏市)PARKUFLアプリ投稿写真より

募集期間

2018年9月13日(木)〜12月20日(木) ←期間延長!!

  • 最優秀賞 1点(Amazon ギフト券 10,000円分)
  • 優秀賞 2点(Amazon ギフト券 5,000円分)
  • 入選 最大50点(Amazon ギフト券 500円分)
    入選は50点を上限とし、応募総数の3%(ex. 応募数500の場合は15点程度)を目安とします。ただし、審査により該当する作品が少ない場合においては、入選数も上記基準に満たない結果となる場合がございますので、予めご了承ください。

選考基準

写真の美しさだけでなく、テーマに沿って公園の魅力が伝わるものを高く評価させていただきます。

応募方法

  • PARKFULアプリ(iOS/Android)で、写真を投稿してください
  • 投稿には必ずハッシュタグ #con 魅力・おすすめポイント を投稿コメントに含めてください
  • マイページのプロフィール編集より「連絡用メールアドレス」の設定が必須です(こちらに設定されているメールアドレスが受賞連絡や賞品の受け取りに必要となります)
  • 投稿の仕方はこちら>

応募条件

  • 参加資格はプロ・アマ問いません
  • 応募は1公園あたり1人3点までといたします
    ※ 4点以上の作品を応募された場合は、最後に応募された3点のみを選考対象とさせていただきます
    ※ 複数の公園への応募は、何公園でも可とします
  • 写真は2018年(今シーズン)中にその公園でご自身が撮影されたものに限ります

選考・結果発表

PARKFUL編集部にて期間内に投稿された写真の中から選定し、2018年12月〜1月頃に本メディア(https://parkful.net/)上で発表いたします。

応募作品の権利帰属について

本フォトコンテストの応募作品の権利帰属は、PARKFUL利用規約 第8条に準ずるものとします。

撮影に関しての留意事項
・顔のわかる人物が映る撮影の場合には、個人の承諾を得ているものとします。(投稿される写真は同意されているとみなします。)
・遊び場の写真は子供たちが映りやすくなってしまいますので、撮影については特にご注意ください。また、撮影時には他の公園利用者のご迷惑とならないよう、ご留意ください。
・公園によっては撮影を禁止している場所もありますので、適宜公園HPや案内板などを確認してください。

同時開催中!

国営飛鳥歴史公園・平城宮跡歴史公園フォトコンテスト

2018年8月24日(金)〜12月10日(月)の期間、奈良県内の2つの国営公園「国営飛鳥歴史公園」「平城宮跡歴史公園」を対象としたフォトコンテストを開催中です。募集テーマは「国営飛鳥歴史公園・平城宮跡歴史公園の歴史や自然が感じられる風景、利用や行催事の風景」。応募はPARKFULアプリまたはWebサイト上より行なえます。来園者のみなさまそれぞれの視点で切り取った、公園の新たな魅力をぜひご応募ください!

詳細は下記よりご確認ください。

お弁当を持って公園へ行こう!中国・四国地方のピクニックにオススメの公園特集

キャッチボールができる公園を調べてみよう!