PARKFULがオススメする1000公園 | 香川




都道府県 市区町村 公園名 オススメポイント
香川 観音寺市 琴弾公園 琴弾公園は、香川県観音寺市にある香川県営の都市公園である。瀬戸内海国立公園に含まれ、国の名勝に指定されている。1897年に県立公園として開園。設計は園芸師の小沢圭次郎。
香川 高松市 栗林公園 栗林公園の平庭部の広さは、東京ドーム3.5個分にあたる約16.2ヘクタール。これだけでも大名庭園の中では最大級ですが、背景となっている紫雲山を含めた面積は、なんと東京ドーム16個分の約75ヘクタールにも及び、文化財に指定された庭園の中では日本一の大きさを誇ります。絶対行くべき!!!!
香川 さぬき市 県立亀鶴公園 県立亀鶴公園は、東讃きっての桜の名所。西方に鶴の飛ぶ姿を形どっている”鶴が山”があり、また宇佐神社境内には碑の石だん・万葉の庭があります。その濃い緑の中に宇佐神社が鎮座しています。
香川 みろく自然公園
香川 香川用水記念公園 香川県民の「命の水」である香川用水は、高知・徳島両県の深い理解と 協力により完成し、香川県の水不足を解消するとともに産業経済の発展、 県民福祉の向上に計り知れない恩恵をもたらしています。香川用水記念公園は、「香川用水の歴史と恩恵を長く後世に伝える」とともに県民の憩いの場として、吉野川の水が阿讃トンネルを通り最初に水面 を見せる香川用水東西分水工の周辺6haを整備した県立公園です。
香川 さぬき市 大串自然公園 瀬戸内海に大きく突き出した大串半島には、総面積100ヘクタールに及ぶ大串自然公園が広がっています。園内には特産のぶどうを加工するワイナリーやテニスコート、野外音楽広場、温泉など多彩な施設が整備され、休日となれば豊かな自然とのふれあいを求めて訪れる家族らの姿で賑わいます。
香川 まんのう町 国営讃岐まんのう公園 国営讃岐まんのう公園は、香川県仲多度郡まんのう町にある四国で唯一の国営公園。1998年4月18日に第1期開園、2013年4月21日に全面開園した。
香川 仲多度郡琴平町 琴平公園 「金比羅本宮」への参拝道左手、金山寺山一帯に展望台、遊歩道、広場が整備されています。春は桜にツツジ、初夏にはあじさい、秋には紅葉が美しく四季折々の風情が楽しめます。山頂の展望台から、西には讃岐のこんぴらさんで知られる金刀比羅宮の社殿や785段の石段の参道、また、北には丸亀平野や東には讃岐富士(飯野山)、その向こうには瀬戸内海の島々や瀬戸大橋を眺望することができます。
香川 観音寺市 一の宮公園 恋人の聖地に認定されている一の宮公園。広々とした芝生広場の中央には、宇宙に向けて飛び立つロケットをイメージした時計塔「一の宮ドリームタワー」があります。夏頃には夕陽がタワーの中心を通って沈みます。この時期にタワーの鐘をならすと、幸せになれるといわれています。2011年3月には、世界的彫刻家イサム・ノグチがデザインした遊具彫刻が園内に設置されました。その他、海水浴場、キャンプ場、テニスコート等があり、潮風を感じながら、レジャーを楽しむことができます。
香川 まんのう町 ほたる見公園 香川新50景に選定されている公園で、遊歩道が整備されており、春から夏にかけて園内でぼたんや菖蒲、あじさい等の花を散策できる。
香川 丸亀市 亀山公園 日本一高い石垣の丸亀城のある公園。日本百城にも選ばれている
香川 丸亀市 水辺の学校公園 県内初の水辺の楽校で、小学校での総合学習や、住民の散策スポットとして、自然を楽しむことができる公園です。水の中や水辺で生き物とふれあったり、砂場で遊んだりできます。
香川 芝桜富士
香川 丸亀市 蓬莱海浜公園 瀬戸内海に面した位置にある公園です。芝生広場が非常に広く、藤棚や休憩設備が多数あり、休日の親子づれに最適です。釣りスポット
香川 高松市 玉藻公園 瀬戸内海の海水をお堀に引き込んだ城は日本三大水城として知られ、園内には国の重要文化財に指定されている艮櫓、月見櫓、水手御門、渡櫓、披雲閣があるほか、国の名勝に指定されている披雲閣の庭園があります。春は桜見物、植木市、秋は菊花展など多彩な催しも開催されています。玉藻城あと
香川 木田郡三木町 太古の森 「讃岐百景」のひとつ、「山大寺池」のほとりにある森。メタセコイアの巨木と恐竜のオブジェがあります。メタセコイアは三木町鹿庭出身の植物学者、故三木茂博士が化石から発見し命名した植物です。太古の森は、みどりの丘、展望の丘、記念の丘、太古の広場それらを結ぶ散策コースからなり、自然とのふれあいの中で、悠久の時の流れに思いをはせ、四季折々の散策、森林浴が楽しめます。また、太古の森に恐竜ティラノサウルス、トリケラトプスの遊具などが設置され、子どもたちの新しい遊び場となっています。映画「花子の日記」のロケ地にもなりました。