PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 公園紹介 > 東京都 > あらかわ遊園(東京都荒川区)

あらかわ遊園(東京都荒川区)

東京都 2015.12.07
動物園・ふれあい 芝生広場 幼児向け

区が運営している珍しい遊園地『あらかわ遊園』。今年で開園65周年を迎えた歴史のある施設です。

遊園地とはいっても規模としては小さくどこか懐かしい、例えるなら昔連れて行ってもらったデパートの屋上のような雰囲気です。入園料は大人200円、小中学生・65歳以上は100円です(土日祝日長期休みの場合)。小学生未満はいつでも無料でとてもリーズナブル。

園内はエリアごとに分かれていて、メインになるのは小さなジェットコースターやコーヒーカップ、観覧車など遊園地の基本的な乗物がある『のりもの広場』です。乗物に乗る際には乗物券が必要です。1枚からでも購入できますが回数券を購入したほうがお得です。使わなかった乗物券は有効期限が無いので次回来園したときでも使えます。

あらかわ遊園

どこか懐かしい観覧車

あらかわ遊園

コーヒーカップ

乗物券を使う乗物以外にも所々にお金を入れると動く汽車や動物の乗物が設置されています。

あらかわ遊園

まだジェットコースターには乗れない小さな子も安心です

他にもうさぎやモルモット、ヤギ、ひつじなどの動物と触れ合えるふれあい広場や、都電などの鉄道模型を展示しているふれあいハウスなど見所満載です。

あらかわ遊園あらかわ遊園

中でもふれあいハウスは懐かしの都電の模型やジオラマ、資料でいっぱいで子供よりもお父さん世代のほうが夢中になってしまいそう。奥には電車に関わる絵本が置いてある小さな図書室もあります。

あらかわ遊園

ふれあいハウス

入り口前には長崎の平和祈念像などで知られる著名な彫刻家北村西望の作品『笑う少女』が展示されています。

あらかわ遊園

少女というよりも肝っ玉母さんのような佇まい

飲食物は園内で販売していますが持ち込みもOKなのでお弁当を作って芝生広場でピクニックも良いですね。

あらかわ遊園あらかわ遊園

土曜日に出かけたのですが、園内は比較的若い世代の親子連れが多かったです。混んでいるというわけでもなく、乗物にはほぼ待ち時間なく乗ることができます。

是非あらかわ遊園で童心に返ってみませんか?

 

Park Information

開園時間 公式サイトをご確認ください 休業日 公式サイトをご確認ください
入園料 無料(一部有料施設あり) 駐車場 あり
住所 東京都荒川区西尾久六丁目35番11号
地図
アクセス 都電荒川線「荒川遊園地前」駅から徒歩3分
公式サイト https://www.city.arakawa.tokyo.jp/yuuen/index.html

埼玉のアメリカ?に日帰旅行!ジョンソンタウン & 富士見公園(埼玉県入間市)

豊かな自然の中でアート体験!遊具も充実の「笠間芸術の森公園」(茨城県笠間市)