埼玉のアメリカ?に日帰旅行!ジョンソンタウン & 富士見公園(埼玉県入間市)

公益財団法人 都市づくりアーバンデザインセンター(通称udc)が主催する都市デザイン先進事例の見学に埼玉県入間市にあるジョンソンタウン&富士見公園に行ってきました!

富士見公園 & ジョンソンタウン

ここは戦後に駐留アメリカ軍の兵士の宿舎となったレジデンスエリアでした。ジョンソンタウンという名は、この地に隣接していた米軍ジョンソン基地(現在の入間自衛隊)に由来します。

その後、このエリアは地主(現在のオーナー)へ返還され、現在は埼玉の観光スポットとして人気も人気のあるレジデンスエリアとして、再開発が行われ、今では先進事例と言われるほどの成果を収められています。

オーナーは、米軍がいた頃の賑わいをもう一度作りたいということで、当時の雰囲気を忠実に残すために当時の建築様式を残すなどし、当時と何一つ変わらない街並を維持し、再現しています。

富士見公園 & ジョンソンタウン

アメリカの街並みそのもの

このエリアの住居は全て賃貸として貸し出されおり、建築家志望の方などクリエイティヴな職種につかれている方が多くお住まいになられているようです。その他にアメリカ雑貨屋さんやハンバーガー屋やカフェなどの飲食店もたくさんあり、まるでアメリカで生活しているような、ライフスタイルを手に入れることができます。

富士見公園 & ジョンソンタウン

その店舗のデザインや出店内容などは、エリアマネージメントを行っているオーナーの磯野商会さんが丁寧に確認審査を行い許認可し、この街のブランドを管理しています。一見堅苦しいようにも感じますが、こうしたルールがこの街の魅力を高めています。また、この場所が全て賃貸であることも、ブランド維持のためなのだそうです。

富士見公園 & ジョンソンタウン

当時のままに保存されている米軍ハウスもあります

ここは映画やテレビ、雑誌の撮影などで貸し出されているそうです。

富士見公園 & ジョンソンタウン

広場

まるでりんごが土に植わっているかような広場。この場所を借りている方の私庭を一般開放しているそうです。このように住人の方が、積極的に街づくり・コミュニティづくりに参加し、それを大切にしていることがわかります。

そして、このジョンソンタウンの隣に、富士見公園があります。

ここは近所の方の犬の散歩コースとしても賑わっているそうで、そのためジョンソンタウンの中には犬関連のグッズやサービスなどを行うショップがいくつもあるそうです。

富士見公園 & ジョンソンタウン

今日は平日の昼間ということもあり、人はいませんでしたが、休日はサッカーや少年野球などで賑わっているそうです。

富士見公園 & ジョンソンタウン

園内の大きな広場

公園の奥にはカシの森。

森はどんぐりでいっぱいでした

富士見公園 & ジョンソンタウン

森の中のローラースライダー

都内では見慣れない遊具がたくさんあって、嬉しくなります。

富士見公園 & ジョンソンタウン

使い方がわからない遊具

現在の安全基準では設置されにくくなったものが沢山!

富士見公園 & ジョンソンタウン

天秤シーソーや回転台

最後は(富士見?)櫓。

富士見公園 & ジョンソンタウン

この公園の名の通り、ここから富士山が見えたのでしょうか?

ということで、広場あり、遊具あり、自然ありの素敵な公園も隣接するジョンソンタウン。住むも良し、アメリカの雰囲気を体験するために遊びに行くも良しのとても素敵なエリアでした。

埼玉にアメリカ???とお疑いになる方は、ぜひその目で確かめてみてはいかがでしょうか?

 

Park Information

開園時間 常時開園 休業日 なし
入園料 無料 駐車場 あり
住所 埼玉県入間市東町1-16
地図
アクセス 国道463号の市川園(お茶屋)のある信号交差点を西(かえで通り)に入り、1つ目の信号(約400メートル先)を右折。約200メートル先の幅員が狭まる手前の右手
ジョンソンタウン公式サイト http://johnson-town.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。