PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 世界の公園めぐり > シンガポール > ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(シンガポール)

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(シンガポール)

シンガポール 2016.05.13
水遊び 芝生広場 自然が豊か 景色が良い 夜景スポット

海外の旅先で訪れる公園。そこは観光名所であったり、地域住民の営みの場であったり、その国を象徴するシーンに出会うことができます。今回は、シンガポールからお届けします。

庭園のシンボル ”スーパーツリー”

“City in a Garden “ <公園の中の都市>構想を掲げるシンガポール。そんな緑化先進国で、注目されているのが2012年にオープンしたガーデンズ・バイ・ザ・ベイです。未来的な建築デザインもさることながら、サステイナブルなシステムも備えた最先端の植物園。今回は、ここのシンボルにもなっているスーパーツリーを紹介します。

DSC_0797

スーパーツリーが集まった”スーパーツリー・グローブ”エリア

人工×自然を鑑賞する

高さ25〜50メートルの色とりどりの植物をまとった人工の樹木。その多くがソーラー発電装置や雨水貯水装置などのエコシステムを装備。巨大造作物に多様な植物が組み合わさり、人工と自然の不思議なコラボレーションを生み出してます。どの角度から見ても斬新です。

DSC_0802

200種類以上の植物が鉄骨でできた建築部材を覆っています。

DSC_0784

自然の樹木と人工の樹木がシンクロ。

空中散歩を体験する

一番の目玉は、スーパーツリー間をつなぐ高さ22メートル全長138メートルのブリッジ。浮遊感満点の釣り構造で、風を全身で感じながら空中散歩ができます。

DSC_0816

高さ22メートル、全長138メートルのブリッジ。

DSC_0821

数多くのワイヤーで吊られていますが、風が吹くと少し揺れます。

DSC_0806

高所恐怖症や体調不良の方はご利用を控えてくださいとのサイン。

DSC_0810

眼前に広がるのはどこまでも続く熱帯雨林。

麓でくつろぐ

スーパーツリーの足元には芝生広場とベンチがあり、ブリッジを渡る人たちを眺めながらくつろぐこともできます。

DSC_0860

広場から見上げるブリッジ。

ただただ大きいだけではないスーパーツリー。サステイナブルな装置でもあり、人間のスケールで楽しむ工夫が随所に盛り込まれたまさにスーパーな樹木たちでした。ライトアップされた夜の姿もぜひまた見てみたいです。

  


Written by Hiroko(PARKFUL編集部)
好きな公園:新宿御苑、富山運河環水公園、チュイルリー公園(パリ)
どこにいっても誰もが自由に入れるのが公園。全国・世界各地の旅先で公園を訪れ、見比べるのを楽しんでます。

 

Park Information

開園時間 施設により異なります 休業日 庭園は年中無休
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 18 Marina Gardens Dr, Singapore 018953
地図
アクセス ベイフロント駅から徒歩約10分
公式サイト http://www.gardensbythebay.com.sg/en.html

半布ヶ丘公園(岐阜県富加町)

秋葉山公園(静岡県静岡市)