養老川臨海公園(千葉県市原市)

房総半島を流れる養老川の河口に位置しています。工場地帯の中から東京湾を臨める公園です。

養老川臨海公園

公園サイン

密林地帯

草の勢いが強い5月に訪れました。遊歩道も埋まりそうなぐらい元気のいい草に迎えられ、ちょっとした密林探検気分が味わえます。

養老川臨海公園

ちょっとした冒険気分

もうちょっと行けば、海が見えそうです。

東京湾

工場地帯にかこまれた東京湾ですが、やっぱり海はいいですね!

養老川臨海公園

目の前に海が開けます

何が釣れるんでしょうか?水の生き物とふれあうきっかけになりそうです。

養老川臨海公園

釣り人達

テントを出してのんびりするグループも見られました。

養老川臨海公園

それぞれの楽しみ方があります

人が少ないので、子どもたちも自由に走り回っていました。日差しが強い日でも、木陰があるので、ゆっくり潮風を感じることができます。

養老川臨海公園

木陰もあります

広い野球場もありました。

養老川臨海公園

野球場

オリジナルメーカー海づり公園

養老川臨海公園内には人がまばらでしたが、駐車場は車でいっぱい。なぜかというと、海釣りができる公園が隣接しているからのようです。

養老川臨海公園

お隣の海づり公園

桟橋から海の魚を釣るんですね!

養老川臨海公園

桟橋から挑む釣り人達

楽しそうです。朝早くから並んで入場するらしいです。こちらは有料ですが、手前の建物は無料で楽しめます。中には、子ども用の小さな船の滑り台がありました。

養老川臨海公園

船の遊具

東京湾で採れる魚なんかも掲示されています。身近な東京湾を知るきっかけになるかもしれません。釣り道具のレンタルもあるようなので、気軽にチャレンジできますね。

養老川臨海公園

東京湾の魚たち

子ども向けの遊具などに期待せず、養老川臨海公園では、いさぎよく海を感じてみるのがいいようです。

Written by nagaya(PARKFULライター)
好きな公園:代々木公園、奈良公園。遊具のある公園も楽しいですが、公園でのんびりするのも好きです。

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料 駐車場 あり
住所 千葉県市原市五井南海岸1−12
地図
アクセス 千葉県市原市五井南海岸1−12
アクセス:JR内房線「五井駅」から車で約10分
公式サイト