千葉市動物公園(千葉県千葉市)

たくさんの動物に出会える千葉市動物公園。一世を風靡したレッサーパンダの風太くんでも知られています。魅力は「鳥類・水系ゾーン」「家畜の原種ゾーン」「小動物ゾーン」「子ども動物園」「動物科学館」など様々なゾーンや施設!

平成28年4月にはポニー乗馬などが体験できる「ふれあい動物の里」、そして開園以来初となる大型肉食獣の展示場「京葉学院ライオン校」がオープンしました。

アフリカ・アジア・オーストラリアで生活する動物がいっぱい「草原ゾーン」

「草原ゾーン」では、動物をパノラマ式の展示場で観察することができます。ゾウやカンガルーなどたくさんの動物がいるゾーンですが、中でもキリンは大人気!柵の近くにエサが置かれたりするので、食事の様子を間近で見ることもできます。

千葉市動物公園

ちょうど食事の時間。千葉市動物公園なら、キリンがこんなに近くで見られるかも!

千葉市動物公園

新規オープンした京葉学院ライオン校!千葉市内で唯一ライオンが見れる貴重なスポットです。

中央広場には噴水!水遊びも楽しめます

中央広場には噴水も。動物以外でも子供たちが楽しめますね。上の赤い花びらのような部分からもシャワーのように水が流れていて、夏場は涼しい遊び場です。中央広場の辺りには軽食を販売する売店やレストランなどがあるので、お腹がすいても大丈夫ですよ。

千葉市動物公園

噴水は井戸水を使用しているそう!時々勢いよく水が出て、子供たちが歓声をあげていました。

動物と直接ふれあえる!子ども動物園

噴水の近くにある「子ども動物園」には、カピバラやペンギン、ウシなど親しみやすい動物たちがいっぱい!「ヤギとヒツジのひろば」では、放し飼いにされたヤギやヒツジにさわれます。千葉市動物公園ではヒツジのブラッシングなど貴重な体験もできますよ。

千葉市動物公園

子ども動物園の入り口

千葉市動物公園

ホウキとチリトリをが置かれていて、ヤギの落とし物を子供たちが掃除したりする姿も見かけました

モンキーゾーン

ゴリラやチンパンジー、マンドリルなど多種多様なサルがいるのは「モンキーゾーン」。キツネザルに代表される原始的なサルから、人間に近い類人猿まで千葉市動物公園には色々なサルがいます。それぞれに特徴があり、じっくり見ると面白いですよ。

千葉市動物公園

ドーム型の展示場には、綱渡りするオランウータンがいました

千葉市動物公園

スラリとした姿が印象的なパタスザル

ふれあい動物の里 わくわく体験アニマルタッチ

千葉市動物公園には「ふれあい動物の里」が新規オープンしました。ポニー乗馬体験(有料)など、直接どうぶつに触れることのできる施設が満載です。手ぶらで楽しめるバーベキュー場、ホットドッグなどを販売するキッチンカーなど、食事が楽しめる施設も充実しています。

千葉市動物公園

バーベキュー場やゴリラをイメージした黒いキッチンカーで食事も楽しめる

千葉市動物公園

ポニー乗馬を体験!

動物だけじゃない!ふれあい動物の里の楽しみ方

「ふれあい動物の里」は様々な催し物が開催されるエリアでもあります。訪問時はジャングルスライダーやアクアチューブ(有料)が設置され、水遊びが楽しめるようになっていました。インモーションという立ち乗り電動二輪車(有料)を体験することもできます。動物以外にも公園を訪れる楽しみがありますね。

千葉市動物公園

アクアチューブやアクアボートで子供たちが遊んでいました

千葉市動物公園

未来の乗り物「インモーション」に乗っている子がいました!傍らではアルパカが広場をお散歩

千葉市動物公園には可愛い動物がたくさんいます。動物以外にも色々な楽しみ方ができる場所ですので、是非ご家族で訪れてみて下さいね。

Written by みな(PARKFULライター)
好きな公園:行船公園(東京)・向島百花園(東京)・奈良公園(奈良)
千葉県市川市在住の公園大好きな一児の母です。娘(H25年1月生)のため大規模遊具を求めて、東京や千葉の公園に出かけます。交通手段は主に自転車。最近、口が達者になった娘に振り回される日々・・・。

Park Information

開園時間 9時30分から16時30分 休業日 毎週水曜日(水曜日が休日にあたる時は翌日)
年末年始(12月29日から1月1日)
入園料 有料 駐車場 あり
住所 千葉県千葉市若葉区源町280番地
地図
アクセス 千葉都市モノレール「動物公園駅」から徒歩1分
公式サイト https://www.city.chiba.jp/zoo/index.html