西岡公園(北海道札幌市)

明治時代に設けられた貯水池と、シラカバ、ミズナラなどの自然林、トドマツなどの人工林からなる484haの公園です。樹林の中には、エンレソウ、サイハイランなどの野草が四季折々の変化を見せるほか、池ではマガモ、森にはクマゲラなどが生息しています。

西岡公園

案内図

生き物がたくさん棲んでいるフィールド

水を泳ぐヤゴは、秋にはガラリと姿を変えて、トンボになり大空を目指します。生息環境も姿も別物になることに、神秘を感じませんか?

西岡公園
西岡公園

虫網は必需品

浅瀬の川なので、じゃぶじゃぶ入っても平気。そこにも息づく生命があります。興味深く川面をのぞく少年の傍らで、お父さんは笹舟を作っていました。

西岡公園

浅瀬の川なので、じゃぶじゃぶ入っても平気

木の名前を覚えよう

それぞれの木には、名前のプレートが取り付けられています。 それぞれの名前と特徴を覚えてみましょう。

西岡公園

それぞれの木には、名前のプレートが取り付けられています

ホタルの生息地

滝の向こうは、ホタルが生息するので立ち入り禁止です。

西岡公園

ホタルの生息地

貯水池

明治時代に作られたと言う貯水池は、歴史の浅い北海道において重鎮とも言える存在。その水面にマガモが仲良く羽を休めていました。

西岡公園

貯水池

西岡公園

マガモ

自然の懐に抱かれて、誰もが楽しそうに笑っています。この親子は、何か発見したようですね。

西岡公園

何か発見したようですね

西岡公園管理事務所

管理事務所には、西岡公園に生息する生き物の生態を詳しく知ることができます。また、自然の材料を使った小物も販売していますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

西岡公園

公園に生息する生き物の生態を詳しく知ることができます

Written by Masakazu(PARKFULライター)
好きな公園:平岡公園・野幌森林公園
バイク、クルマ、動物園、水族館、ビール、アクションスポーツが大好きです。最近1眼レフを買ったので、あちこちに出向いて写真を撮っています。

Park Information

開園時間 休業日
入園料 無料 駐車場 あり
住所 北海道札幌市豊平区西岡4条14丁目13-27
地図
アクセス 地下鉄南北線「澄川駅」からバスで「西岡水源池」下車,徒歩1分
地下鉄東豊線「月寒中央駅」からバスで「西岡4条14丁目」下車,徒歩15分
公式サイト http://www.sapporo-park.or.jp/nishioka/