生田緑地(神奈川県川崎市)

ちょっとした登山ができるほどの自然豊かで広大な敷地と、付属する充実した施設が魅力の公園です。

乗り物好きな子どもが大喜び!D51と国鉄の客車

生田緑地の中央広場には、D51と青い客車が展示されています。間近で見る電車に子どもは大喜び!客車は中に入ることもできます。わが子は行ってすぐと、お昼ご飯を食べた後と、帰る前の三回、中に入って座席から外を眺めていました。

生田緑地

国鉄の客車は青くてピカピカ!

生田緑地

車輪も間近で見ることができます

生田緑地

客車の中はこんな感じ

生田緑地

D51はやっぱりかっこいい!

緑の中でマイナスイオンに包まれる

敷地内は、本当に自然がたくさん!虫取りアミを持っている子どもや、釣りをしている子どももいました。緑の木々に囲まれてマイナスイオンを浴びて、真夏でも外より気温が低く感じます。ちょっとした登山になりそうな小道もたくさんありました。

生田緑地

緑と水がいっぱい!

生田緑地

まるで木のトンネル

生田緑地

かおりの園には、さまざまな香り豊かな植物が

枡形山の展望台からは周囲を一望

枡形山広場には、展望台があります。お天気の良い日には富士山も見られるそう!遠くにスカイツリーが見える方角もあります。また、広場には総合遊具があるので、子どもも楽しむことができます。枡形山広場まで上って下りるだけでも、ちょっとした運動になりますよ。

生田緑地

枡形山広場展望台からの眺望

生田緑地

総合遊具もあります

生田緑地

枡形山の地層が見られるところも

かわさき宙(そら)と緑の科学館

かわさき宙(そら)と緑の科学館は、展示物だけではなくプラネタリウムも楽しむことができます。撮影日は閉館日でしたが、開館日に入れる無料のスペースにも、電車をかたどった石などの展示物があるそうです。併設されてるカフェにもおいしそうなメニューがたくさん!カフェの前には小さな噴水があって、水着を着た子から洋服の子まで、みんなびしょ濡れで遊んでいました。

生田緑地

子どもたちは全身びしょ濡れ!

生田緑地

木の化石の展示もありました

岡本太郎美術館

岡本太郎美術館もこの日はお休み。外にもいくつかオブジェがあります。「母の塔」はとても大きいので、その根元(?)の日陰で、子どもとかくれんぼして遊びました。

生田緑地

母の塔はとっても大きい!足の部分でかくれんぼ

生田緑地

こんなオブジェもありました

生田緑地

広場の石。冷たくて気持ちいいのかな?

生田緑地には、他にも、古民家が建ち並ぶ日本民家園や、藤子・F・不二雄ミュージアム、春秋限定でばら園、さらにはゴルフ場まであって、大人でもしっかり楽しめます。とても広いので、お好みに合わせて目的を絞って行くのもいいですね。

Written by ゆっきー(PARKFULライター)
好きな公園:神代植物公園、井の頭公園、代々木公園
いつも公園では一歳の息子を追いかけたり、追いかけられたりしています。

Park Information

開園時間 施設により異なります。公式HPでご確認ください 休業日 施設により異なります。公式HPでご確認ください
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 神奈川県川崎市多摩区枡形6、7丁目、東生田2丁目他 宮前区初山1丁目他
地図
アクセス 小田急線「向ヶ丘遊園駅」から徒歩約13分
小田急線/JR南武線「登戸駅」から徒歩約25分
公式サイト http://www.ikutaryokuti.jp/index.php