赤羽自然観察公園 (東京都北区)

元自衛隊駐屯地だった土地の地形を活かし、地域在来の植物を植栽・保護している公園です。ボランティアの方々を中心に公園の保全がされています。公園内はバードウォッチングを楽しむ方や自然を満喫しながら散策している方が多く見られました。

ふるさと農家体験館

趣のあるこちらの建物は、東京都北区の有形文化財に指定されている、旧松澤家住宅を移設・復元した体験型施設です。この日は中で作業をされていたので見学はできませんでしたが、昔のおもちゃづくりや年中行事などを行っています。

赤羽自然観察公園

1844年に建てられたとされる旧松澤家住宅

赤羽自然観察公園

古民家内のかまど

古民家に隣接した水田

古民家と隣り合わせて公園内に湧きでた水を引いた稲田が設けられています。ボランティアの方が中心となって管理をしていて、田植えの時期には区民や近くにある学校の子どもたちが田植えの体験をします。

赤羽自然観察公園

近代的なマンションとの対比が面白い

炊事棟(バーベキューサイト)

予約が必要になりますが、無料で利用できるバーベキュー場があります。都会ながら木々に囲まれた自然の中でのバーベキューは人気で、土日は早くから予約がうまることも。利用日の2か月前から予約可能なので、利用希望の方は早めの申し込みがおすすめです。

赤羽自然観察公園

自然の中でバーベキューを楽しもう!

都内とは思えないほど豊かな自然

公園中央付近にある自然保護区域から流れる湧水は、北区で唯一の東京都名湧水57選に選ばれています。この湧水は稲田や水鳥の池へも引かれ、公園内の豊かな自然をささえる基盤。湧水の保全と活用が公園づくりの軸のひとつとされています。

湧水だけでなく地域に在来する動植物の保護を目的とした公園づくりをしているため、保護区域内は立ち入りが禁じられています。

赤羽自然観察公園

谷状の遊水地付近は、まるで深い森のよう

赤羽自然観察公園

整備された遊歩道が自然へといざなう

赤羽自然観察公園

豊かな自然はいきものたちのサンクチュアリ

多目的広場には近所の保育園の子どもたちが楽しげに遊びまわり、どんぐり拾いなどをしていました。
児童向けの遊具こそありませんが、夏にはじゃぶじゃぶ池で遊ぶこともでき、自然とふれあい昔ながらの生活や遊びを体験できる貴重な施設です。

Written by まんじゅう丸(PARKFULライター)
好きな公園:グリーンセンター公園(埼玉県川口市)、舎人公園(東京都足立区)、タイヤ公園(東京都大田区)
わんぱく長男と肝の座った長女、二人の母です。上の子は体を動かすことが大好きなので、あちこちの公園へ行きます!

Park Information

開園時間 (閉園時間の30分前には入場を制限)
4月~9月/8:00~18:00
10月~3月/8:00~16:30
休業日 なし
入園料 無料 駐車場 なし
住所 東京都北区赤羽西5丁目2-34
地図
アクセス JR赤羽駅から徒歩13分
またはJR赤羽駅からバスで「赤羽自然観察公園」下車、徒歩すぐ
公式サイト