代々木公園(東京都渋谷区)

都心の真ん中に広がる自然豊かな公園。園内で開催される様々なイベントも魅力的です。

代々木公園は森林が広がるA地区と、イベント広場などがあるB地区の大きく2つのエリアからなる都立公園です。東京オリンピックの選手村が現在の公園へと整備されました。大変広い公園なので、今回はその一部をご紹介します。

西門付近の様子

今回はA地区にある西門から入ってみました。少し上り坂・・・見上げると、新緑が目に染みます。

代々木公園

少し上り坂

噴水のある池

公園の真ん中には大きな中央広場と池が広がり、大小3基の噴水などの水景施設が整備されています。時折、勢いよく吹き上がる水は高さが最大30mにもなるそう。水辺にはたくさんの人たちが集っていました。

代々木公園

噴水

池の周りの様子

池の周りにも、たくさんの木が茂ります。夏でも涼しそうですね。写真の左手には中央広場があり、スポーツ少年たちが汗を流していました。

代々木公園

夏でも涼しそう

バードサンクチュアリ

代々木公園では人間と鳥が共存できるようにと、日本の都市公園で初めてバードサンクチュアリ(野鳥保護区)が作られました。人が入れないように保護柵で囲われています。鳥たちも安心しているのか、たくさん遊びに来ていました。

代々木公園

バードサンクチュアリ

三本きのこの休憩舎

バードサンクチュアリの向かいには、きのこの形の可愛い休憩舎が!ゼッケンをつけた方々が集まっていますね。園内を走っている人も多かったので、マラソンのイベントが開催されていたのかもしれません。

代々木公園

きのこの形の可愛い休憩舎

ケツアルコアトルの像

園内には、「ケツアルコアトル」と題されたメキシコの神話に登場する「羽毛の生えた蛇神」の石像もあります。1990年に日本とメキシコ合衆国の友好親善のシンボルとして、メキシコ合衆国から東京都に贈られました。異文化を知る機会にもなりそうです。

代々木公園

ケツアルコアトルの石像

オリンピック記念宿舎

東京オリンピックゆかりの建物も残ります。写真のゲートの奥、白い建物がオリンピック記念宿舎です。代々木公園が選手村として使われた際に、オランダ選手が利用しました。

代々木公園

オリンピック記念宿舎

足を伸ばして、B地区へ。ケヤキ並木が続くB地区には、イベント広場やサッカー場などのスポーツ施設があります。

ケヤキ並木エリアの様子

ちょうど訪れた際には、「アースデイ東京2016」という地球環境をテーマにしたイベントの真っ最中!

代々木公園

イベントの真っ最中!

イベントのブース

ケヤキ並木とイベント広場のあたりには、様々なお店のテントが並び、賑わっていました。子供たちも楽しそうですね。

代々木公園

子供たちも楽しそう

野外ステージ

B地区には野外ステージもあり、様々なイベントで使用されています。この日も会場の一つとなっていました。

代々木公園

野外ステージ

イベント広場

イベント広場にはたくさんの屋台が軒を連ねていました。「アースデイ東京2016」のイベントではマイ食器を持った人たちが列を作っていました。

代々木公園

たくさんの屋台が軒を連ねていました

代々木公園はとても広くて、何度訪れても新鮮な気持ちになれる公園です。久しぶりの訪問でしたが、利用する人々や景色が日々違っても、不思議と感じる安心感・・・新しい発見とともに、変わらない懐かしさも感じます。そんなところも公園の魅力の一つではないかと思う一日でした。

Written by みな(PARKFULライター)
好きな公園:行船公園(東京)・向島百花園(東京)・奈良公園(奈良)
千葉県市川市在住の公園大好きな一児の母です。娘(H25年1月生)のため大規模遊具を求めて、東京や千葉の公園に出かけます。交通手段は主に自転車。最近、口が達者になった娘に振り回される日々・・・。

公式サイト:

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 東京都渋谷区代々木神園町2−1
地図
アクセス JR「原宿駅」から徒歩3分
東京メトロ千代田線「代々木公園駅」から徒歩3分
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」から徒歩3分
小田急線「代々木八幡駅」から徒歩6分
公式サイト https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html