じゅん菜池緑地(千葉県市川市)

池を中心に広がる、じゅん菜池緑地。かつてはこの場所にじゅん菜がたくさん生えた沼があったそうです。戦後に沼は失われましたが、人々の憩いの場として緑地が整備されました。
池の周りには多くの木々が植えられ、四季折々の自然を楽しむことができます。特に梅の名所として有名で、毎年春には「じゅん菜池緑地梅祭り」が開催されます。

景色を楽しみながらウォーキング

細長い形をしたじゅんさい池緑地には、遊歩道が整備されています。池をぐるっと1周すると良い運動になりますよ。ウォーキングをしている方も多く見かけました。景色が変化に富んでいるので、楽しく歩けます。
遊歩道沿いには、ベンチや野外卓など休憩スペースも多数。景気を眺めて、のんびりもいいですね。

じゅん菜池緑地

緑地の中心となる広い池

じゅん菜池緑地

遊歩道沿いには、野外卓やベンチ

じゅん菜池緑地

池に注ぐせせらぎ

遊具コーナー

池の南側には遊具コーナーがあり、ブランコやすべり台が設置されています。
遊具コーナーには、健康器具も。足を前後に動かす健康器具が、子どもたちに大人気でした。空中で足をブラブラさせるのが楽しいらしく、娘もエクササイズに励んでいました。

じゅん菜池緑地

遊具コーナー

じゅん菜池緑地

ブランコもありました

じゅん菜池緑地

子どもに大人気の健康器具

四季折々の植物が楽しめます

じゅん菜池緑地は、たくさんの木々に囲まれています。春は梅、夏はツツジ、秋はキンモクセイなど四季折々の植物が楽しめます。
訪問した11月下旬は、紅葉シーズン。赤く染まるモミジが、綺麗でした。池のほとりには、十月桜も。可愛い花がたくさん咲いていました。

じゅん菜池緑地

水面に映る紅葉が美しい

じゅん菜池緑地

池に枝を伸ばす十月桜

水生植物池

緑地の北側には、水生植物池があります。オニバスやアサザなど、貴重な水生植物が育てられています。
水生植物池のあたりにも、たくさんのモミジ。赤く染まるモミジが、トンネルのように続いています。
紅葉シーズン真っ只中の休日でしたが、人は少なめ。知る人ぞ知る紅葉スポットなのかもしれません。

じゅん菜池緑地

色々な植物が育てられています

じゅん菜池緑地

トンネルのように続くモミジ

じゅんさい池緑地は、四季折々の景色を楽しめる場所です。是非、訪れてみて下さい。

※この記事は市川市HPや現地案内板を参考とし、訪問したライター個人の感想で記載しています。

Written by みな(PARKFULライター)
好きな公園:行船公園(東京)・向島百花園(東京)・奈良公園(奈良)
千葉県市川市在住の公園大好きな一児の母です。娘(H25年1月生)のため大規模遊具を求めて、東京や千葉の公園に出かけます。交通手段は主に自転車。最近、口が達者になった娘に振り回される日々・・・。

Park Information

開園時間 常時開園 休業日 なし
入園料 無料 駐車場 あり
住所 千葉県市川市中国分4-27
地図
アクセス JR市川駅または京成国府台駅から「国分操車場」行きバスで「じゅん菜池」下車
北総鉄道矢切駅から徒歩約10分
公式サイト

アプリなら小さい公園もすべて掲載!

全国11万箇所以上の公園が検索できる
公園情報No.1アプリ「PARKFUL」

いますぐ無料ダウンロード!

badge google-play-badge