精進河畔公園(北海道札幌市)

自然の散策と遊具遊びやスポーツが楽しめる公園です。精進川は、かつてコンクリート護岸と柵で覆われ、人を遠ざけていましたが、蛇行を作り、自然の姿に戻すことで、いまでは市民と動物たちの憩いの場になっています。

精進河畔公園

公園入口

ふたつのエリアに分かれる精進河畔公園

まずは住宅街に近いエリアを見てみましょう。こちらには、野球広場や運動広場、コンビネーション遊具などがあり、たくさんの子供たちが遊んでいます。

精進河畔公園

小さい子供向けの遊具

中央にある「スキー山」から全景を見渡してみました。遊具の数は豊富です。

精進河畔公園

遊具は充実!

こちらはすべり台がダブルになっています。 どこか懐かしさを感じる遊具が並んでいます。

精進河畔公園

ダブルすべり台

こちらは最新型?腕力や握力が鍛えられそうな遊具が多いですね。

精進河畔公園

ボルダリング遊具も

すべり台だけでも4つもあります。これだけ多いと、ケンカにならずに遊べそうですね。

精進河畔公園

すべり台は4つも!

スキー山

まるでインカ帝国のピラミッドのような「スキー山」。冬も楽しめる公園です。

精進河畔公園

スキー山

グランド

元気にサッカーが始まりました。バックネットが設置されているので、野球を楽しむこともできますよ。

精進河畔公園

サッカー少年

精進河畔

道路を渡って土手を下った場所に、もう一つのエリア「精進河畔」があります。藤棚のトンネルを抜けると、川のせせらぎが聞こえてきました。

精進河畔公園

藤棚

精進川は、明治から大正にかけて定山渓で切り出された木材の運搬用として利用された川だそうです。 浅瀬なので、水遊びが楽しめそうです。

精進河畔公園

精進川

川尻付近に滝が流れ落ち、水と緑が織りなす甘い香りが漂っています。

精進河畔公園

マイナスイオン溢れる滝

動物と共生

枝にはたくさんのハトが止まり、羽を休めています。フンの落下に注意してください!

精進河畔公園

ハト

遊具などで遊んだり、自然の中を散策できたり、様々な楽しみ方ができる公園です。真夏の納涼にも最適です。天気の良い日に、遊びに行ってみてくださいね。

精進河畔公園
※この記事は札幌市の公園使用許可を受け、使用料を納付の上、取材・撮影を行っています
Written by Masakazu(PARKFULライター)
好きな公園:平岡公園・野幌森林公園
バイク、クルマ、動物園、水族館、ビール、アクションスポーツが大好きです。最近1眼レフを買ったので、あちこちに出向いて写真を撮っています。

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料 駐車場
住所 北海道札幌市豊平区平岸1条16・17・20丁目、中の島2条7~11丁目
地図
アクセス 南北線「南平岸駅」から徒歩15分
公式サイト