白河関の森公園(福島県白河市)

かつて奥州三関のひとつに数えられた白河関跡に隣接する、木と土のぬくもりに溢れた公園です。白河地方の直家作りの茅葺き民家をそのまま移築した「ふるさとの家」や、梅園、そば打ち体験のできる水車小屋などがあります。
今回は、子どもたちも楽しめる大型複合遊具のエリア「わんぱくの森」を撮影しました。

公園の入り口には松尾芭蕉と弟子の河合曾良の像が建てられているのですが、こちらに進んでくると今度は白河市のゆるキャラ「しらかわん」がお出迎え。ここで記念撮影をする方も沢山います。

しらかわんのモニュメント

しらかわんのモニュメントが待っていました

その奥にはネットトランポリンがあります。地面に近いところからネットに登れるようになっており、一番高いところも大人の胸くらいの高さのため小さい子どもたちも遊びやすくなっています。緑の部分は柔らかい舗装になっているので、万が一転んでも大丈夫です。

ネットトランポリン

カラフルなネットトランポリン

もっと奥にある大きい子どもたち向けの大型コンビネーション遊具は、杉林をモチーフにしているそうです。長く曲がりくねったローラースライダーや高いデッキの上からの眺めを楽しむことができます。

杉林をイメージした大型複合遊具

杉林をイメージした大型複合遊具

波打つ3連スライダーに急角度のクライマーなど、難易度が高めの迫力のあるアイテムが数多くあります。もちろん普通の階段でも上がることができますが、やはり手足を駆使してよじ登る方が人気のようです。

迫力のあるアイテムの数々

迫力のあるアイテムの数々

中でも大人気はこちらのフリーフォール!横から見ていても急角度に見えますが、上から見るともっと急です。子どもたちも悲鳴をあげながら楽しそうに何回も何回も滑っていました。
ちなみに、後ろの一番高い塔の螺旋階段は周りを細い格子に囲まれる形になっています。足元が見えて大人でもちょっと怖いですが、ここをクリアすればローラースライダーで空中を駆け抜けることができます。

怖いけど楽しいフリーフォール

怖いけど楽しいフリーフォール

小ぶりの滑り台も横に設置されています。並んで滑れる上にデッキにはハンドルなどもあり、大型遊具は難しくて登れなくてもこちらでお友達と遊ぶことができます。

_28A0060

よちよち歩きでも楽しめる滑り台

また、スカイロープやブランコといった定番の単体遊具も楽しめます。
ブランコも大きい子向けと小さい子向けで分かれており、小さい子向けには体をすっぽりホールドするバケットシートがあるので安心です。

定番のスカイロープ

定番のスカイロープ

緑は児童向け、赤は幼児向けです

緑は児童向け、赤は幼児向けです

ロッキング遊具は定番の前後に揺れるものの他、横乗りして左右に揺れるもの、シーソーのように上下に揺れる2人乗りのバリエーションがあります。

バラエティ豊かなロッキング遊具

バラエティ豊かなロッキング遊具

白河関の森公園は近隣の人々の憩いの場でもあり、福島県白河観光協会のホームページにも掲載されている観光スポットでもあります。白河を巡る旅のルートに取り入れてみてはいかがでしょうか。

Park Information

開園時間 9:00〜17:00
(11月〜3月は16:00)
休業日 12月〜3月の第2水曜日
12月28日〜1月3日
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 福島県白河市旗宿白河内7-2
地図
アクセス  東北本線 白河駅から福島交通バスで30分
公式サイト

アプリなら小さい公園もすべて掲載!

全国11万箇所以上の公園が検索できる
公園情報No.1アプリ「PARKFUL」

いますぐ無料ダウンロード!

badge google-play-badge