滝の水公園(愛知県名古屋市)

小高い丘になっている滝の水公園は、晴れた日には名古屋市全体の景色を楽しむことができる公園。階段をのぼっていくと、遊具広場、芝生広場があり、景色を楽しみつつ子どもと遊ぶことができます。

景色

公園だけぽっこりと小高い丘のようになっている「滝の水公園」。駐車場に車をとめて階段をのぼっていきます。階段の先にすばらしい景色が待っています。

滝の水公園

公園周囲の階段

名古屋市全体を眺めることができる景色は、晴れた日には遠くには名古屋港のトリトンが。また、名古屋駅の高層ビル群を見ることもできます。そのため、近隣の人は花火大会の夜にこの公園に集まることもあるようです。

滝の水公園

遠くまで見える!

遊具

遊具もあります。複合遊具のすべり台は、2人並んですべることができるタイプ。兄弟で、親子で、並んで滑ることができます。いい眺めを見ながらすべり台もいいものですね。

滝の水公園

すべり台

ブランコもあります。向こうに見えているのはスプリング遊具。スプリング遊具は3つあり、中にはエビフライのように見える形もありました。

滝の水公園

ブランコ、スプリング遊具

スプリング遊具、2人以上で乗れるものもありました。兄弟で乗ってゆらすと2人で「キャー」っと興奮。くぼみの部分だと安定して、それ以外の部分だと不安定。どこに座るかも迷ってしまいそうです。

滝の水公園

スプリング遊具

オブジェ

公園内には、面白いオブジェがあります。岩の真ん中に、〇、△、□の型抜きがされているものです。子供の背の高さでも見ることができるように、台まで置いてあります。

滝の水公園

オブジェ

中を覗くと、こちらは給水棟が見えました。他、桜が見えたり、住宅街の家が見えたりしました。

滝の水公園

中を覗くと……

こちらは△の形をした型抜き。何が見える?子供はここから景色を覗いたり、最終的には兄弟でいないいないばあごっこをはじめたり。色んな遊びができました。

滝の水公園

三角窓から

芝生広場

公園の多くを占める芝生広場です。ペットの散歩をしている人、ウォーキングに来ている人もいました。我が家は子供が広い芝生広場で走ったり、鬼ごっこをしたり。眺めがとにかくいいので、お昼を持ってきてピクニックするのにも向いています。

滝の水公園

芝生広場

季節の花

公園内には桜の木も。2017年の桜は遅いと言われていて、3月末の段階では満開ではなかったものの、ちらほらと花が咲いている様子で、桜の花を撮影している人もいました。

滝の水公園

季節の花

春はお花見を楽しみつつ、キレイな景色も同時に楽しむことができます。

滝の水公園

桜の花の様子

丘の上の公園、滝の水公園。階段をのぼった後の景色のすばらしさは必見。
遊具もあり、桜の花もあり、芝生広場もあり、子供連れで、ペット連れで、色々な用途で利用できそうです。

※この記事は名古屋市の許可を受け、取材・撮影を行っています
Written by くみ(PARKFULライター)
女の子、男の子を育てるママです。子供と一緒に公園におでかけするのが大好き。東西南北、色んなところにおでかけしています!

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料 駐車場 あり
住所 愛知県名古屋市緑区篠の風3丁目
地図
アクセス 地下鉄「相生山駅」から徒歩で約20分
公式サイト