茶臼山自然植物園(長野県長野市)

茶臼山を使った広大な公園には、恐竜園、植物園、動物園の3つのスポットがあり、1日楽しめそうな充実度の高い大型公園でした。恐竜好きな子はもちろん、そうでなくても大興奮で巡ることができるはずです!

恐竜園

茶臼山恐竜園は2017年3月20日に開園したばかり。目当ては恐竜好きな子に恐竜遊具で遊ばせることでした。動物園北の駐車場に停め、地図右の「茶臼山恐竜園」へ向かいます。

茶臼山自然植物園

地図

公園の中に恐竜が点在しています。いたるところに恐竜があり、人気のトリケラトプスやステゴザウルス、ティラノサウルスはもちろん、他にいくつも恐竜があります。一緒に記念写真を撮影できるほか、つかまったりのぼったり。遊具のようにもできます。

茶臼山自然植物園

恐竜

小高い丘に公園があるので、眺めも抜群。街を見下ろす巨大恐竜は、しっぽ部分がすべり台でした。子供は、「恐竜で遊べること」に興奮し、駆け寄って遊び始めます。

茶臼山自然植物園

恐竜

ジャングルジムのようにしてのぼることができる恐竜も。4歳児だと、のぼれることができたりのぼれなかったり。小学生くらいのお姉ちゃん、お兄ちゃんだと軽々とのぼることができていたようでした。

茶臼山自然植物園

恐竜

こどもオトギの広場

恐竜園の隣、こどもオトギの広場があります。「おとぎばなし」に出てくるモチーフの遊具があります。『うさぎとかめ』モチーフの遊具がありました。途中、うさぎが寝ている姿があります。

茶臼山自然植物園

こどもオトギの広場

『かちかち山』をモチーフにした遊具です。土管のようになっていて、くぐることができます。

茶臼山自然植物園

こどもオトギの広場

こちらも『かちかち山』でしょうか。船にたぬき、うさぎが乗っています。ロープを引っ張って動かすことができます。

茶臼山自然植物園

こどもオトギの広場

茶臼山動物園

恐竜園からはモノレールかシャトルバスですぐ。茶臼山動物園が隣にあります。

茶臼山自然植物園

茶臼山動物園

動物園には、レッサーパンダがいました。人懐こく、そばまで来てくれます。屋外にも「レッサーパンダの森」があり、昼寝中のレッサーパンダを見ることができます。

茶臼山自然植物園

レッサーパンダ

ゾウもいます。室内からも見ることができ、かなり至近距離まで来てくれました。

茶臼山自然植物園

ゾウ

子供動物園

動物園の中央にある「子供動物園」では、ヤギやヒツジとのふれあいが可能。手をのばせば届く距離に動物がいます。

茶臼山自然植物園

子供動物園

季節の花

園内の桜の花、ゴールデンウィークに咲いているものもありました。はなやかなピンクで、八重咲き、丸い花です。

茶臼山自然植物園

桜の木

恐竜園にはつつじも咲いていました。縦に伸びるつつじの木、こちらもピンク色の花が咲いています。

茶臼山自然植物園

つつじ

茶臼山からの眺め

恐竜園、植物園、動物園は茶臼山と呼ばれる場所にあるので、眺めがとてもいいです。動物園は恐竜園よりも更に小高くなっていて、長野市の街並みを一望できます。

茶臼山自然植物園

眺め

ローラーすべり台

植物園に近い場所に、フィールドアスレチックやローラーすべり台があります。ローラーすべり台は山の斜面を使っていて、かなり長いです。遠くから撮影しても、全長が写真におさまりきらないほどです。

茶臼山自然植物園

ローラーすべり台

恐竜も遊具も植物園も動物園もある茶臼山。土日には無料シャトルバスも園内を走っているほか、モノレールもあり、1日満喫できる場所でした。

※この記事は茶臼山動物園・茶臼山自然植物園の許可を受け、取材・撮影を行っています
Written by くみ(PARKFULライター)
女の子、男の子を育てるママです。子供と一緒に公園におでかけするのが大好き。東西南北、色んなところにおでかけしています!

Park Information

開園時間 施設により異なります 休業日 3月20日~12月19日以外 ※冬期間は閉鎖
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 長野市篠ノ井岡田2358
地図
アクセス JR「篠ノ井駅」から徒歩で36分
公式サイト