PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 公園紹介 > アメリカ:ポートランド > 連載:ポートランドの公園に行こう #01 数字から見るポートランドの公園

連載:ポートランドの公園に行こう #01 数字から見るポートランドの公園

アメリカ:ポートランド 2018.03.06

全米一住みたい街、ポートランド。その街の魅力のひとつにもなっているのが「公園」です。市内にはおよそ300の公園があり、市民の生活に溶け込んでいます。今日からシリーズで、およそ30箇所の公園現地調査や政府公開情報をもとに「ポートランドの公園」をテーマにお届けします。初回は、ポートランドの公園を数字で見ていきます。

尚、本連載は冊子「Go to Porltand Go to PARK ー ポートランドの公園に行こう ー」とセットでご覧いただくとより楽しめます。ぜひ合わせてご覧ください。冊子の詳細・ご購入はこちらから>

portland-vol.1

ポートランドは、1851年に設立したアメリカ西海岸北部に位置するオレゴン州最大の都市。人口は、およそ64万人アメリカ国内で25番目の規模の中核都市といえます。

47.4㎢

ポートランド市公園局所有の公園面積は、47.4㎢ (※1) です。住民1人あたりの公園面積にすると、およそ74㎡。ちなみに、日本全国の一人当たりの平均公園面積は都市公園データベース(国土交通省)によると10.3㎡。公園面積の定義が異なるので単純には比較できませんが、実際にポートランドを訪れると公園の緑が街にも溢れていて、公園に恵まれた街だと感じます。

そもそもポートランドの公園の歴史の原点は、1903年ニューヨークのセントラルパークを手がけたフレデリック・ロー・オルムステッドの息子たちによる街全体を公園で繋ぐという公園都市構想まで遡ります。以降、公園は増え続け、現在の姿になっています。

portland-vol.1

1900年頃の公園分布図(赤色部分)※ポートランド市公園局HP :The Future of Our Park Systemより引用

portland-vol.1

1940年代の公園分布図(赤・緑色部分)※ポートランド市公園局HP :The Future of Our Park Systemより引用

portland-vol.1

2000年代の公園分布図(赤・緑色部分)※ポートランド市公園局HP :The Future of Our Park Systemより引用

245km

ポートランド市内にあるトレイルの長さはおよそ245kmです。(※2)  距離にすると、東京から浜松間に匹敵します。ポートランドは、ダウンタウンからすぐ近くに広大な森林があるなど街と自然の距離が近い都市です。アウトドアも盛んで、大規模な公園などにあるトレイルの整備が進んでいます。

portland-vol.1

フォレスト・パーク内にあるトレイル案内表示

portland-vol.1

色が付色が付いているところがトレイル ※ポートランド市公園局HP:Trail Network Mapより引用

86%

ポートランドの公園を”良い”あるいは”非常に良い”と評価している市民の割合は86%です。大多数の人は公園に対して、良いイメージを抱いているようです。また、一年間に公園のプログラムに一度でも参加したことのある人の割合は40%です。(※1)  ポートランドの公園を訪れると、家のリビングのようにくつろぐ人々の姿が印象的で、公園が市民生活に溶け込んでることが伺えます。

portland-vol.1

近隣の憩いの場となっているアーバーロッジ・パーク

473,675時間

ポートランド市内で年間 (2016-2017年)を通じてボランティアが貢献した時間は、473,675時間です。金額に換算すると、$5,721,804、日本円でおよそ6億円の価値にのぼるそうです。(※3) ポートランドは、市民参加が積極的な街。公園でも、清掃、緑の手入れやスポーツコーチなど多種多様なボランティア活動が盛んです。このような地域の地道なボランティア活動で公園が支えられているのですね。

portland-vol.1

公園の治安維持のための見守りボランティアの募集サイン

$213,000,000

2017-2018年のポートランドの公園に関わる採用予算です。日本円にすると、およそ230億円。そのうち、約7割が運営投資、残り3割が初期投資のようです。(※1) これは、市の規模から考えると決して安くはないように思います。

portland-vol.1

パイオニア・コートハウス・スクエアの改修工事現場

244個

ポートランドの公園にあるバスケットボールゴールの数は244個です。(※1) さすが、全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム、ポートランド・トレイルブレイザーズが本拠地を置く街とあり、バスケットボールが盛んなことがわかります。また、ある程度敷地面積が広いと、ゴールだけでなく、屋外コートまで整備されている公園も多くありました。

portland-vol.1

ウォーレス・パークでバスケを楽しむ若者たち

公園にまつわるさまざまな数字を見ていくことで、ポートランドの公園の様子やそれを取り巻く環境が垣間みえたのではないでしょうか。また、公園に関わる実にさまざまなデータがポートランド市公園局のホームページより公開されていることにも驚きました。こういった取り組みも、公園を身近に感じるきっかけをつくってくれると感じました。

出典

記事内のデータは the City of Portland Oregon Parks and Recriation(ポートランド市公園局)HP内の各ページより引用・参照しています。
※1:2017 Portland Parks and Recriation by the Numbers:https://www.portlandoregon.gov/parks/article/422533
※2:Trails:https://www.portlandoregon.gov/parks/42336
※3:Volunteer:https://www.portlandoregon.gov/parks/38304

冊子「ポートランドの公園に行こう」販売中

本連載は冊子「Go to Porltand Go to PARK ー ポートランドの公園に行こう ー」とセットでご覧いただくとより楽しめます。

PARKFULアプリ共創レポート:2018年2月

大師公園(神奈川県川崎市)