南池袋公園(東京都豊島区)

南池袋公園

2016年4月2日、南池袋公園が6年半の改修期間を経てリニューアルオープンしました。
場所は池袋駅の東口から徒歩5分ほど。表通りからは見えないこのこぢんまりとした場所に、いま人々が集まっています。そこには公園を心地よく過ごすヒントがたくさん詰まっていました!

都会のオアシス!贅沢な芝生のじゅうたん

街中の小さな公園というと砂地や舗装された地面が多いものですが、この南池袋公園は一面が青々とした天然の芝生です! 長めの芝で感触はふかふか。みなさん池袋の真ん中で、思い切り寝転んでいました。まるでリビング空間のようなくつろぎ感です。

南池袋公園

リビングのような寛ぎ

南池袋公園では、この心地よい芝生を維持するため、定期的に養生のために立ち入りを制限しています。Facebookなどで芝生オープンの予定などを随時お知らせしているようですので、ぜひチェックしてみてください。
南池袋公園Facebookページ: https://www.facebook.com/Minamiikebukuropark/

minami-ikebukuro12

手入れが行き届いた、ふかふかの芝生!

どこに座る?

そういえばこの公園には2、3人掛けのいわゆる”ベンチ”がありません。しかし座れる場所はたくさんあります。たとえばこちらのウッドデッキは段差の部分がすべてベンチ代わり。少し高い位置から公園を眺めることができて、とても気持ちがいい場所です。

南池袋公園

ときにはステージにもなるデッキ

遊び場のまわりは子どもたちを見守るパパママでいっぱい。園路に沿って座れる場所がたくさん用意されています。

南池袋公園

思い思いに座る場所を選べる

一人でも大勢でも、本を読むにもピクニックをするにも、そのときの目的や気分で座る場所も自由に選ぶことができる。それだけでちょっとワクワクしませんか?

子どもも大人も、あそぶ!

公園の一角には子どもたちのための遊具スペース。全体が滑り台になる斜面に、床面は日本ではまだまだ珍しいウッドチップです。大掛かりな遊具はありませんが、子どもたちにとっても優しさに包まれたこの遊び場は居心地が良さそう。のびのびと遊ぶ姿が印象的でした。

南池袋公園

ウッドチップで転んでも安心の遊び場

そして遊具スペースのとなりには、なんと卓球台が常設。ラケットは自分で持参するほか、公園内のカフェでもデポジット制で貸し出しを行っていて、誰でも自由に遊べます。大人でも意外と白熱しちゃうのが卓球! ニューヨークでは多くの公園に卓球台があり、老若男女が楽しんでいました。これからは日本でも当たり前の光景になるかもしれませんね。

南池袋公園

知らない子ども同士も自然と一緒に遊ぶ遊具

南池袋公園

大人が夢中になりそうな卓球台

公園で味わう「Facines FARM to PARK」

公園の中には、南池袋でレストランを運営する「RACINES(ラシーヌ)」がオープンスタイルのカフェレストラン「Racines FARM to PARK (ラシーヌ ファーム トゥー パーク)」を出店しています。2階にはブックカフェも入っており、すてきなインテリアと公園ビューの中で食事が楽しめます。もちろんテイクアウトも!ふらりと行っても美味しいコーヒーがあれば公園で過ごす時間もワンランクアップしますね。

南池袋公園

南池袋のレストラン「RACINES」が出店

南池袋公園

せっかくならテイクアウトして公園内で

▼ラシーヌの店長・柳岡律子さんへのインタビュー記事もぜひご覧ください!

カフェと公園の可能性<RACINES×南池袋公園>

2017.02.24

夜の南池袋公園

南池袋公園の開園時間は、8〜22時。夜の公園というと、どんなイメ―ジでしょうか? 暗くて人気が無くて、あまり近づきたいと思う場所ではないかもしれません。しかし日が暮れた後も、この公園は賑やかです。写真は19時頃の様子。レストランが営業していることもありますが、デッキには春の心地良い風にあたりながら、ただのんびりと過ごす人たちもたくさん。

南池袋公園

ほのかにライトアップされた公園内

背景には高層ビル、どこかニューヨークのブライアントパークを連想させます。芝生の開放がますます楽しみになる風景です。

南池袋公園

まさに都会のオアシス

デザイン

南池袋公園に惹かれるポイントは、空間の良さはもちろん、ロゴマークや公園の案内板のグラフィック、出店しているお店などが美しくデザインされたものであるところにもあります。一度行けばきっとこのカラフルなフラッグが、公園のイメージとして記憶に残ることでしょう。

南池袋公園

シンプルな中に優しさを感じるサイン

南池袋公園

公園のロゴがあしらわれたカラフルなフラッグ

居心地の良さは目からも感じられるもの。さりげなくあしらわれた遊び心あるデザインに愛着も湧きますね。

南池袋公園

用具入れにもかわいいグラフィックが

南池袋公園

さりげない木立のシルエット

これからの南池袋公園が楽しみ

南池袋公園はレストラン「RACINES」がワークショップを展開するなど、公園の運営や維持管理の中でも新しい取り組みが行われていくそうです。あって当たり前のように思われる公園、とくに街中の小さな公園は昔から形の変わらないものが多いですが、身近な場所だからこそみんなが行きたいと思う場所・みんなにとって居心地の良い場所にするためには、まだまだ工夫したり表現できることがありそうです。

池袋に行かれた際は、ぜひちょっと足を伸ばしてこの公園の「居心地の良さ」を体感してみてください! そして自分の街の公園だったらどうしたいか、想像をめぐらせてみてはいかがでしょうか。

※本記事は豊島区の許可を得て、取材・掲載しています。
Written by ナツコ(PARKFUL編集部)
好きな公園:木場公園、芝公園、旧芝離宮恩賜庭園、ブライアントパーク(NY)
暇さえあればカメラ片手に公園へ行ってしまいます。ふらりと行った公園で生まれる偶然の出来事や出会いを楽しむのが好きです。