PARKFULが「第10回キッズデザイン賞」を受賞!

株式会社コトラボ(本社:東京都港区、代表:深澤幸郎 / 椛田泰行、以下:コトラボ)は、このたび公園情報アプリ&Webメディア「PARKFUL(パークフル)」が、「第10回 キッズデザイン賞」(主催:キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁 )を受賞いたしました。

kda_parkful

PARKFULとキッズデザイン

◆ PARKFULの特長

PARKFULは、全国11万箇所以上の公園情報を掲載したスマートフォン向けアプリおよび公園専門Webメディアです。本アプリでは、自治体ごとに管理・公開されている公園の情報を、自治体横断で一括掲載。利用者は全国どこでも身近な公園の情報を得ることができます。

◆ キッズデザインが目指す社会づくりへの貢献

PARKFULは、公園に行く「きっかけ作り」から、公園での地域コミュニケーション創出につなげます。そして、公園の魅力や価値をあらためて再定義・再認識することにより、子どもの遊び環境やコミュニティの場としての公園の質向上を目指します。

公園に行くきっかけ作りから、コミュニティ・地域への参加へ

公園に行くきっかけ作りから、コミュニティ・地域への参加へ

◆ 地域交流の場としての公園の価値向上へ

公園は地域活動の場として多様な役割を果たしますが、その利活用においては遊具の撤去や禁止事項の増加など課題を多く抱えています。PARKFULでは公園の魅力や楽しみ方に焦点を当てることで、公園の可能性や価値の再発見につなげます。

kids_design_award_parkful3

実際にアプリに投稿された公園の「魅力」

▼親子で公園を楽しむイベントも開催

【レポート】公園で写真教室 〜子どもの写真を素敵に撮ろう!〜 in 中之島公園(大阪府大阪市)

2016.07.01

キッズデザイン賞とは

キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。子どもが使う製品はもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てへの配慮があれば応募可能です。日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっています。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。
キッズデザイン賞 公式HP>

キッズデザイン協議会とは

キッズデザイン協議会は、次世代を担う子どもたちの安全・安心の向上と、健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、経済産業省と有志による企業や団体が業種を超えて集い合うNPOです。