赤坂台総合公園(山梨県甲斐市)

ドラゴンパークの愛称で親しまれる公園。「関東の富士見100景」に選ばれた富士山が望めます。

駐車場からの入り口

赤坂台総合公園は美しい山々に囲まれた甲府盆地にあります。今回は車で訪れました。公園と道を挟んで駐車場があり、地下横断通路を通って園内へ行くことができます。スロープから公園へと向かいました。

赤坂台総合公園

スロープから公園へ

芝生広場と富士山

地下通路から公園に出ると、広い芝生広場と富士山がお出迎え。この日は天気がよく、遠くの山並みもはっきりと見えました。芝生保護のため、スパイクシューズやアップシューズの使用は禁止されています。ペットを連れての入園もできませんので、ご注意下さい。

赤坂台総合公園

芝生広場と富士山

ドラゴンの刈込

赤坂台総合公園はドラゴンパークと呼ばれています。公園の所在地は「甲斐市竜王」。園内には地名にちなむドラゴンがあちらこちらに隠れています。芝生広場の一角に緑のドラゴンを見つけました!

赤坂台総合公園

緑のドラゴンを見つけました!

展望塔

公園のシンボルは、高さ33mの水色の屋根の展望塔です。月曜日を除く午前9時から午後5時までは、22mの高さにある展望フロアに自由に上がることができます。

赤坂台総合公園

水色の屋根の展望塔

展望塔からの富士山

展望塔から見える富士山は「甲斐市からの富士」として、国土交通省の「関東の富士見100景」に選ばれています。この時は少し雲がかかっていましたが、雄大な富士山を間近に見ることができます。

赤坂台総合公園

甲斐市からの富士

八ヶ岳方面の展望

駐車場側には八ヶ岳が望めます。八ヶ岳も頂は雲の中でした。

赤坂台総合公園

八ヶ岳も頂は雲の中でした

アースワーク広場

園内にはアースワーク広場という遊具広場もあります。石でできた富士山型のすべり台がありました。

赤坂台総合公園

アースワーク広場

小さい子向けの遊具

シーソーやスライド遊具もあるので、小さな子でも遊べますね。

赤坂台総合公園

シーソー

幼児広場

幼児広場には砂場が。砂も富士山のように高々と盛られていました。

赤坂台総合公園

幼児広場

噴水

公園には噴水もあります。夏には水遊びも楽しめますね。はしゃぐ子供たちの姿が目に浮かぶよう。

赤坂台総合公園

噴水

森の回廊

「森の回廊」という地面から少し高い位置に造られた通路もあります。空中を散歩しているような気持になれますよ。ここからも富士山が見えました。

赤坂台総合公園

森の回廊

グラウンドゴルフ

芝生広場でグラウンドゴルフを楽しんでいる方々がいました。赤坂台総合公園ではグラウンドゴルフの大会も開催されています。ズームで撮影すると、富士山もはっきり見えますね。

赤坂台総合公園

グラウンドゴルフ

園路と東屋

芝生広場の周りには小道が整備されています。1周850mの園路は足に衝撃の少ないゴムチップウレタン舗装。小道の一角に緑の屋根の東屋もありました。園路に沿って健康器具も数ヵ所に設置されています。ウォーキングやストレッチなどで体を動かすのも楽しそうですね。

赤坂台総合公園

芝生広場の周りの小道

公園のある場所はかつては「竜王町」という小さな町でした。3つの町の合併により、甲斐市へと名前が変わりましたが、「ドラゴンパーク」として親しまれる赤坂台総合公園はかつての町の名も伝えます。私にとっては、故郷を思い出す公園でもあります。

天気が良ければ富士山をはじめ甲府盆地を囲む美しい山々を望むことができるので、是非訪れてみて下さいね。

Written by みな(PARKFULライター)
好きな公園:行船公園(東京)・向島百花園(東京)・奈良公園(奈良)
千葉県市川市在住の公園大好きな一児の母です。娘(H25年1月生)のため大規模遊具を求めて、東京や千葉の公園に出かけます。交通手段は主に自転車。最近、口が達者になった娘に振り回される日々・・・。

Park Information

開園時間 休業日
入園料 無料 駐車場 あり
住所 山梨県甲斐市竜王338-2
地図
アクセス JR中央線「竜王駅」から徒歩20分、または車で5分
公式サイト