駒場公園(長野県佐久市)

佐久平の中央に位置する芸術とスポーツが楽しめる、幅広いニーズに応えてくれる公園です。

駒場公園とは

駒場公園は佐久平の中央に位置する自然豊かな公園です。公園内には佐久市立近代美術館や18個の彫刻や造形作品に触れることができる芸術施設とテニスコートやプール、マレットゴルフ場などのスポーツが出来る施設があります。

駒場公園

公園案内図

散策してみよう!

駒場公園の遊歩道を含む公園周辺の並木道はランニングロードと呼ばれ、ランニングやウォーキングを楽しむ方々が大勢います。公園内の遊歩道は足腰に優しいチップを敷き詰められた道と、コンクリートで整備された道があります。車いすの方やベビーカーを使っている親子でも公園全体を自由に散策できます。

駒場公園

チップを敷き詰めた遊歩道

駒場公園

コンクリートの遊歩道

第一駐車場から中央広場への遊歩道を進むと道標が見えます。初めて駒場公園に訪れた方でも、道に迷わずに目的地へ行くことが出来ますよ。

駒場公園

各所を示す道標

駒場公園での散策の最大の魅力は北部の浅間山や、南部の八ヶ岳と言った景色を楽しみながらウォーキングができることです。生い立つ木々や鳥の声のような自然を感じながら歩くのも良いですが、公園内の18個の彫刻や造形作品を探しながら歩くのも楽しいかもしれませんね。

駒場公園

多目的広場周辺の木々の中にもひっそりと彫刻が

子供広場

子供広場は不思議な形をした遊具や砂場、屋根のついたベンチがあります。不思議なデザインの白い遊具は傾斜の緩やかな滑り台になっています。屋根付きベンチは正方形で広々と使えるので、お弁当を食べたり、お昼寝する人も多いんだとか。

駒場公園

不思議な形の遊具

駒場公園

屋根付きベンチ

健康の森

健康の森と呼ばれる広場にはクライム遊具と複合遊具があります。平成24年度に新しく設置されたそうです。ツリーハウスのような複合遊具は滑り台の他に、うんていや飛び石、ジャングルジムの要素が詰め込まれています。体を動かすのが大好き!という子どもにおすすめの場所です。

駒場公園

複合遊具

駒場公園

腕の力やバランス感覚を使う遊具がいっぱい

施設紹介

駒場公園はスポーツが楽しめ、芸術を肌で感じられる施設が備えられています。一部施設は利用料や入館料が必要です。佐久市立近代美術館、油井一二記念館は佐久市出身の油井一二氏のコレクションを元に作られた美術館です。今では3000点近くの作品が所有されているそうです。

駒場公園

佐久市立近代美術館

市民の図書文化の拠点と言われる中央図書館は、子どもを対象にした絵本の読み聞かせが行われることもあります。

駒場公園

中央図書館

駒場公園はスポーツ施設も充実しています。室内プールと夏季のみ営業の屋外プールがあり、夏場には流水プールやスライダーで子どもや大人のはしゃぐ声があふれています。他にもテニスコートや弓道場、マレットゴルフ場、野球やサッカーもできるほど広い多目的広場があります。

駒場公園

屋外の流水プールとスライダー

駒場公園

多目的広場

長野県創造館は陶芸やダンスなどの講座が行われています。体育館もあって、取材した日(6月上旬)は中学生の剣道の大会中でした。隣にカフェが併設されており、営業時間中なら目の前の中央広場を見ながらゆったりとした時間が過ごせます。

駒場公園

長野県創造館

駒場公園

噴水のある中央広場

駒場公園のお隣にはヤギと触れ合える「茨城牧場長野支場『ふれあい広場』」もあります。そちらと併せてご利用する親子の方も多いです。芸術文化に触れたり、スポーツで汗を流す人々が訪れる駒場公園は、いつも笑い声で満ち溢れています。

 

※この記事は佐久市の許可を受け、取材・撮影を行っています
Written by さつき(PARKFULライター)
好きな公園:昭和記念公園(東京都)駒場公園(長野県)つつじが岡公園(群馬県)
出かけ先でも公園の遊具が目に入ると遊びたくなっちゃう系女子。学生、独身です。後学のために色々な目線で公園を楽しんでいます。晴れていて時間があるときは、公園まで散歩に行ってお弁当を食べるのが楽しみです。

Park Information

開園時間 休業日
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 長野県佐久市猿久保55
地図
アクセス 長野新幹線「佐久平駅」からタクシーで15分
JR小海線「北中込駅」から徒歩15分
公式サイト http://www.shinkou-saku.or.jp/komaba/

アプリなら小さい公園もすべて掲載!

全国11万箇所以上の公園が検索できる
公園情報No.1アプリ「PARKFUL」

いますぐ無料ダウンロード!

badge google-play-badge