PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> ニュースリリース > 神奈川県と公園情報の活用・発信に関する協定を締結しました

神奈川県と公園情報の活用・発信に関する協定を締結しました

ニュースリリース 2017.01.10
Pickup

公園オープンデータ整備とアプリ「PARKFUL」への活用に取り組みます

株式会社コトラボ(本社:東京都港区、代表:深澤幸郎 / 椛田泰行、以下:コトラボ)は、このたび神奈川県と「公園情報の活用・発信に関する連携協定」を締結いたしました。本協定により、神奈川県の公園オープンデータの整備に協力し、また当該オープンデータをコトラボの運営する公園情報アプリ「PARKFUL」へ活用いたします。

コトラボでは本取り組みを通じて、公園情報の発信を起点とした神奈川県の地域活性化と住民サービスの向上に寄与するとともに、PARKFULのサービス充実へと繋げてまいります。

協定締結の経緯と概要

コトラボでは2014年より全国の公園情報を掲載したアプリ「PARKFUL」を開発・運営しています。神奈川県内についても、各自治体ホームページの調査やユーザーからの情報提供により、県内全域の公園の大部分をすでに掲載していました。その情報量と公園に特化したサービスという点から、このたび神奈川県で公園のオープンデータ整備に取り組むにあたり、ご協力パートナーとしてお声掛けを頂きました。

本協定に基づき、コトラボでは自社保有データの一部を参考情報としてご提供するとともに、神奈川県にて県内市町村より収集した公園情報の提供を受け、全県データの取りまとめ・精査作業を行う予定です。完成したデータは3月末に神奈川県よりオープンデータとして公開予定です。同時にコトラボの運営するPARKFULへも活用し、アプリ上で最新の神奈川県の公園情報が閲覧可能となる予定です。

※神奈川県オープンデータサイト
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f534212/

公園の可能性とPARKFULの目指すこと

公園は、子どもたちの遊び場や親同士の交流の場としてはもちろん、防災、緑化、健康づくりなど地域にとって大切な様々な役割を担う場所です。そうした開かれた地域の拠点である公園が、より活用され賑わうことで、地域のコミュニティや街全体の賑わいへとつながると考えられます。コトラボでは、PARKFULの提供する公園を楽しむための情報・機能を通じて、公園に行くきっかけづくりを実現し、公園の賑わい、地域の賑わいへ繋げていきたいと考えています。

PARKFULについて

公園情報アプリ「PARKFUL」は、日本全国の公園情報を検索・閲覧することのできる、無料のスマートフォン向けアプリです。2016年12月現在、約11万5千箇所の公園を掲載しており、国内の公園情報量としてはナンバーワンのアプリとなっています(自社調べ)。
※PARKFULアプリ https://parkful.net/parkful/

アプリでは、地図上に公園の場所が表示されるため、自宅の近所から少し足を伸ばして新しい公園へ行ってみたり、はじめて訪れた街でも気軽に公園を探すことができたりします。また、ユーザーは公園の魅力や思い出を写真とコメントで投稿することができ、利用者目線の公園情報が集まる仕組みとなっています。現在は、主に子育て中の方や写真好きの方を中心として、ご愛用いただいています。

また2016年より自治体との情報連携も開始しており、2016年12月現在では長野県佐久市との連携により佐久市ホームページの公園情報をPARKFULへ掲載させていただくとともに、その他複数自治体と連携に向けた調整を進めています。

自治体の皆さまへ

自治体様の保有している公園の公式情報をPARKFULに掲載しませんか? だれもがスマホで手軽に公園情報を閲覧できるようになり、住民サービスの向上・地域の魅力発信につながります。
詳細はこちら>

松山総合公園(愛媛県松山市)

嬉野総合運動公園(佐賀県嬉野市)