天神山緑地(北海道札幌市)

札幌市南区にある標高89mの小さな山にある緑地です。周りは情宅地に囲まれていますが、ここは別世界。山頂には、さっぽろ天神山アートスタジオがあり、世界各国のアーティストが滞在して作品を作るだけではなく、市民との交流も行っています。

天神山緑地

案内図

札幌の街を一望するロケーション

低くてもさすがに山だけあって、眼下にどーんと開ける札幌の街並みが、開放感を与えてくれます。

天神山緑地

眼下にどーんと開ける札幌の街並み

都市と自然の調和

天気の良い日には心地よい風が吹きます。札幌市は190万都市でありながら、このような自然林が多く残されています。次の世代にも変わらぬ姿で残していきたいものですね。

天神山緑地

撮影時は初夏、心地よい風が吹きます

遊戯広場

斜面を利用したすべり台がユニークなコンビネーション遊具や、ブランコに砂場もある遊戯広場へは、澄川・平岸線の入口から入るのが近道です。

天神山緑地

遊戯広場

天神山緑地

カラフルで可愛らしい遊具たち

記念碑群

久保 栄文学碑、石川啄木歌碑など、緑地内にはたくさんの記念碑が立っています。場所によっては写真のような石畳があるので、パンプスやサンダルの方は注意してください。

天神山緑地

たくさんの記念碑

二つの神社

緑地内には「三吉神社」と、「相馬神社」、そして「平岸天満宮」があります。三吉神社と平岸天満宮は同じ神社を共有しています。太宰府天満宮からの分霊を天神山に祀ったのが始まりですが、後昭和50年代後半に、秋田の三吉神社の分霊を天満宮に合祀したため、一つの神社に、2つの名前が付けられたそうです。

天神山緑地

一つの神社に2つの名前

日本庭園

日本庭園は世界中からアーティストが集まる天神山緑地には欠かせないファクターです。小さいながらも滝が流れ、四季折々のの詫びさびを伝えています。

天神山緑地

日本庭園

さっぽろ天神山アートスタジオ

札幌市が設立した「天神山国際ハウス」を前身として、国際的なアーティストの滞在・創作の場として2014年にオープンしました。

天神山緑地

さっぽろ天神山アートスタジオ

定期的にアーティストとの交流の場も設けています。語学を習っていたり興味がある方は、料理を持ち寄って参加してみてください。

天神山緑地

アーティストとの交流の場も設けています(2016年撮影)

敷地内に様々な施設が点在しているうえに、起伏が多いのでいい運動になります。慌てず、急がずゆっくりと過ごすのに最適な緑地ですよ。

天神山緑地
※この記事は札幌市の公園使用許可を受け、使用料を納付の上、取材・撮影を行っています
Written by Masakazu(PARKFULライター)
好きな公園:平岡公園・野幌森林公園
バイク、クルマ、動物園、水族館、ビール、アクションスポーツが大好きです。最近1眼レフを買ったので、あちこちに出向いて写真を撮っています。

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 北海道札幌市豊平区平岸1条18丁目,2条16~17丁目
地図
アクセス 地下鉄南北線「南平岸駅」又は「澄川駅」から徒歩15分
公式サイト

アプリなら小さい公園もすべて掲載!

全国11万箇所以上の公園が検索できる
公園情報No.1アプリ「PARKFUL」

いますぐ無料ダウンロード!

badge google-play-badge