PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> PARKFUL情報 > ニュースリリース > PARKFULと各務原市が連携をスタート!

PARKFULと各務原市が連携をスタート!

ニュースリリース 2020.01.31
Pickup

パークフルではこのたび、各務原市と「公園情報の発信・活用に関する連携協定」を締結しました。各務原市内の約180箇所の公園の情報を提供いただき、PARKFULアプリに掲載を開始致しました。それぞれの公園について、大きさや住所などの基本的な情報だけでなくトイレや遊具などの設備についての情報や写真など様々な情報をご提供いただきました。掲載している公園についてはPARFKULアプリのマップ上で確認できるほか、設備や住所や公園名から公園情報を確認することもできますので、身近な公園を知る・利用するきっかけにぜひご活用ください。

各務原市での導入経緯

各務原市役所 都市建設部 河川公園課 立元様よりコメントをいただきました。

ーー PARKFULに関心を持っていただいた理由・ポイントがあれば教えてください

立元様:各務原市では、市内の公園をもっとたくさんの方々に利用していただくため、どうしたらもっと皆さんにPRできるかを考えていたところに、各務原市の取り組みを知って下さったパークフルさんが、PARKFULアプリについて連絡をくださったのがきっかけです。

ーー 市民のみなさんにPARKFULをどのように活用してほしいですか?

立元様:市内には約180個所の都市公園があります。アプリを活用することによって、身近な公園だけでなく、市内の色々な公園に足を運ぶきっかけにして欲しいです。ぜひご家族でお気に入りの公園探しに出かけてください。

ーー PARKFULの活用について、今後の展望や期待していることがあれば教えてください

立元様:PARKFULをきっかけにして、公園を利用していただく人々が増え、公園のみならず周辺エリア全体に賑わいや活気が生まれればうれしいです。

ーー 各務原市での特徴的な公園の取り組み、力を入れていることなどがあれば教えてください

立元様:市民公園・学びの森エリア周辺では、学びの森を中心に開催している「マーケット日和」などのイベントや園内にあるカフェ「雲のテラス」を市民団体が運営することにより、新たな公園の使い方が提案され、公園に新しい賑わいが創出されつつあります。この賑わいを確かなものとするため、「P-PFI制度」を活用した公民連携による新たな賑わい創出拠点となる施設整備を進めております。また市民公園におきましては現在リニューアル整備を計画しており、公園の利用者のニーズに対応した整備はもちろんのこと、イベントなど多種多様な用途に応じ、利用者が主体的に利用できる公園として整備を進めていきたいと思います。

各務原市の代表的な公園

学びの森



日当たりのよい大きな芝生広場と、木々や竹林に囲まれた緑豊かな公園です。公園内に遊具は設置しておらず、ビオトープ池や、イチョウ並木、カフェを併設しているのが特徴で、お散歩やピクニックでのびのびとくつろげます。近年では、マルシェやマーケット日和などのイベントの開催が多く行われ、訪れる市民で賑わっています。また、公園南側のイチョウ並木は黄葉の時季はもちろんのこと、冬にはイルミネーションが実施され、フォトスポットとしても大変人気があります。

各務原市民公園



岐阜大学跡地を整備して作られた公園です。街の中心部にありながら、6.5haという広大な敷地を持つこの公園は、美しく手入れされた日当たりの良い芝生広場と、その周りをたくさんの木々が囲む、ピクニックやジョギングに最適な公園で、家族連れに大変人気があります。また公園内には中央図書館があり、緑あふれる環境の中で、読書も楽しめます。近くの新境川の両堤には、「百十郎桜」と呼ばれる「日本さくら名所100選」としても有名で、桜まつりの期間中は、公園がメイン会場となり、大変賑わいます。

全国自治体の皆さまへ

PARKFULでは自治体様との連携を進めています。PARKFULのサービスを通じて、各自治体様がお持ちの公園情報を活用し、公園の利用促進や維持管理につなげていきます。ぜひサービス詳細や導入事例は下記リンクよりご覧ください。

PARKFULが筑後市と情報連携をスタート!

鬼退治に出かけよう!鬼がいる公園特集