PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 公園紹介 > 岩手県 > うみどり公園(岩手県宮古市)東北に大きなインクルーシブ公園が誕生!

うみどり公園(岩手県宮古市)東北に大きなインクルーシブ公園が誕生!

岩手県 2022.01.12
Pickup インクルーシブパーク
記事協力

本記事は宮古市都市計画課より情報提供にご協力いただき制作しました。

東日本大震災から10年が経過した2021年8月1日、津波被害にあった旧市役所跡地に「うみどり公園」がオープンしました。公園内の遊具広場には、障がいのある方もない方も、小さいお子さんも高齢者もだれでも楽しめるインクルーシブな遊具を設置しています。年齢や体力、それぞれの状況に合わせて遊具を選択し遊ぶことができます。また、自転車やスケートボード、バスケットボールを楽しめるコンクリート広場、イベントの際にキッチンカーやステージカーを設置することができる多目的広場があり、週末やイベント時にさまざまな用途で多くの方々にご利用いただいています。

遊具広場

遊具広場中央にはひときわ目を引く大きな大型複合遊具が設置されています。
車いすの方でも利用しやすいように遊具中央にスロープを設置し、高さやタイプの違う数種類のすべり台にチャレンジできるようになっています。

遊具周辺はゴムチップで舗装され、アクセスがしやすくなっているのと這って利用しても汚れにくいのも嬉しいポイントです。

遊具内のスロープ途中には車いすが転回したりすれ違うことができるフロアが所々に設置されています。途中で車いすを一旦止めておくことも可能です。

いろいろブランコという3種類のブランコには、通常タイプや体を包み込むネットタイプ、体を固定するサポートタイプがあり、幼児や体を支えることが困難な方も自分に合ったブランコを選択することができます。

いろいろブランコの隣には独立して円盤ブランコが設置されています。円盤ブランコは、寝そべって利用することができるので体を支えることが困難な方でもブランコ特有の揺れる遊びを体感できます。また複数人でも利用でき、一緒に楽しむことができます。

さらに隣にあるのが色鮮やかな回転遊具です。
背もたれのついた形状で座りやすく、幼児や体を支えることが困難な方も安全に楽しむことができます。中に座って回転を楽しむも良し、外から回転させるのも良しの、みんなで楽しめる遊具です。

音の出る遊具も数種類設置されています。感覚的な遊びを楽しむことができ、幼児や車いすでも利用しやすい高さとなっています。

カラフルな色合いのちびっこマウンテンは1〜3歳の子供を対象とした遊具で、座る、滑る、登るなど、遊びを通して幼少期に必要な感覚を養うことができます。表面は柔らかい素材となっているため、安心して遊ぶことができます。

若者からシニア世代まで多世代が運動できる健康遊具もあり、世代の垣根を超えて楽しむことができます。

ひと休みには…

ちょっと遊び疲れた…そんな時には遊具広場の前が芝生広場になっていますので腰をおろすことができます。また大型複合遊具の周辺には屋根つきのベンチも設置されていますので、日陰で休むことも可能です。

その他の特徴的なスポット

津波被害にあった旧市役所跡地ということもあり入口付近には、東日本大震災の記憶と教訓を後世に伝えるべく地震発生時刻や津波の高さなどを表したモニュメントを設置しています。

コンクリート広場では自転車やスケートボードといったスポーツを楽しむことができるほか、特設コートを設置すれば3X3(バスケットボール)もできます。

多目的広場ではキッチンカーやステージカー、テントを設置しイベントを開催することができます。

遊び、スポーツ、イベント活用といった様々な楽しみ方ができる場所としてオープンしたうみどり公園。幅広い世代で楽しめる公園ですのでぜひ遊びに行ってみてください!

Park Information

開園時間 常時開園 休業日 なし
入園料 無料 駐車場 あり(無料):隣接 14台+身障者用2台、徒歩2分 41台
トイレ あり おむつ交換台 あり
住所 岩手県宮古市新川町2番
地図
アクセス 鉄道:三陸鉄道・JR山田線「宮古駅」から徒歩約15分
バス:三陸鉄道・JR山田線「宮古駅」から岩手県北バスで「信用金庫前」下車→徒歩約5分
車:宮古港ICから国道45号を北へ1.5km
公式サイト http://www.city.miyako.iwate.jp/toshi/umidorikouen.html

▼インクルーシブ公園に関する他記事はこちら

年末年始休業のお知らせ

【2022】東京都内で楽しめる公園カフェ特集