PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 公園紹介 > 石川県 > 奥卯辰山健民公園(石川県金沢市)

奥卯辰山健民公園(石川県金沢市)

石川県 2016.05.28
大型遊具 芝生広場 バーベキュー コトブキ事例 幼児向け

奥卯辰山健民公園は、パークゴルフ施設や自動車の乗り入れができるデイキャンプ場などを備えた自然豊かな公園で、金沢市を一望できるだけでなく、遠くには日本海を見ることができる高台にあります。

平日は保育園児や幼稚園児、小学生の遠足先として利用されたり、週末は多くの家族連れが訪れます。2014年5月、山の斜面を滑り降りるように設置されていたローラースライダーの老朽化により、新たに安全性の高い遊具への入れ替えが行われました。

高低差のある地形を生かした、カラフルな3つの複合遊具になりました。

奥卯辰山健民公園1

カラフルな3つの複合遊具

やはりメインはこの旗と三角屋根が目印の複合遊具でしょうか。曲がりくねった二股のスライダーが子どもたちの人気を集めています。

奥卯辰山健民公園2

旗と三角屋根が目印の複合遊具

ネットのトンネルにはさほど傾斜はありませんが、下の斜面が急なためスライダーに近づくほど地面からは離れていきます。斜面の上から挑むには足元が見えても渡りきる勇気が必要です。
安全に配慮して、トンネルの上には登れないようになっています。

奥卯辰山健民公園3

安全に配慮したネットのトンネル

一方、こちらは斜面を滑り降りるのではなく登っていく「だんだんクライミング」。ネットやステップ、つり橋などを渡り歩いて一番高いところを目指します。

奥卯辰山健民公園4

だんだんクライミング

途中で道が分かれて、クライマーの壁を伝っていく難しいコースに進むこともできます。

奥卯辰山健民公園5

クライマーの壁を伝っていく難しいコース

最後の1つは、斜面の低いところに設置された短いローラースライダー。傾斜の緩やかなところに沿っていてあまりスピードも出ないため、小さいお子さんでも安心して滑ることができます。ローラースライダー初体験にもちょうどいいかもしれません。

奥卯辰山健民公園6

短いローラースライダー

遊具の他にも、公園センターで有料のソリを借りてこの芝生の斜面を滑り降りて遊んだり、雑木林の中にあるフィールドアスレチックで汗を流したりすることもできます。

奥卯辰山健民公園7

芝生の斜面を滑り降りて遊んだり

高台からの景色は春は桜、秋から冬にかけては紅葉を楽しむことができるそうです。そろそろお花見の季節、眺めを楽しみに行ってみてはいかがでしょうか。

 

Written by 株式会社コトブキ(PARKFULパートナー)
公園の遊具やベンチ等を製造・販売するメーカー。だれもが目にしたことのある製品を作っている会社ですが、なかなか一般の方に知られることのない、縁の下の力持ち。 http://www.townscape-net.jp/
(撮影:澤田聖司 / ※被写体の承諾を得て撮影・掲載しているものです)

Park Information

開園時間 常時開園 休業日
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 石川県金沢市若松町ア32
地図
アクセス JR金沢駅前から バスで卯辰山・千寿閣行き、「千寿閣」下車 徒歩20分
公式サイト http://kgs-okuutatu.com/

PARKFUL for Android リニューアルのお知らせ

香久山公園(奈良県橿原市)