毛馬桜之宮公園(大阪府大阪市)

毛馬桜之宮公園は大川沿いに続く延長4.2kmのリバーサイドパークです。リバービーチ「大阪ふれあいの水辺」や桜之宮野球場、日本庭園を有する「藤田邸跡公園」など多彩な施設があります。園内にはたくさんの桜の木が植えられ、桜の名所としても有名。大川に架かる毛馬橋付近から、下流の天満橋まで歩いてみました。

遊具がいっぱい!児童遊技場

毛馬橋の近くには遊具のある児童遊技場がありました。すべり台の数が多いのが印象的!手前の石の山のような遊具にも、すべり台がついています。毛馬桜之宮公園には、砂場や鉄棒なども設置されていました。幅広い年齢の子が楽しめそうな遊び場ですね。

毛馬桜之宮公園

すべり台がたくさん!白い囲いの中は砂場です。

毛馬桜之宮公園

雲梯がついた複合遊具には、すべり台が2種類

広場にはパンダがいっぱい!

毛馬桜之宮公園の児童遊技場は、すべり台のほかにパンダが多いのも特徴です。ブランコやスプリング式遊具とともに、広場にはたくさんのパンダ!地元の方はきっと「パンダ公園」と呼んでいるのかも・・・。みんな表情が豊かで可愛い。

毛馬桜之宮公園

ウサギやトラ、パンダ・・・子どもが喜びそうな動物たち

毛馬桜之宮公園

小さい子が楽しめそうな遊具も多い

リバービーチが広がる「大阪ふれあいの水辺」

毛馬桜之宮公園は人工のリバービーチがある珍しい公園です。ビーチサンダルとお砂場セット持参でくれば、好きなだけ砂遊びができそうですね。足の洗い場もあるので、砂で汚れても大丈夫。利用時間が決まっているので、注意が必要です。犬の散歩は禁止されています。

毛馬桜之宮公園

砂がサラサラ!

毛馬桜之宮公園

遊泳はできないので、砂浜で遊びましょう

大川ならではの風景を楽しむ

毛馬桜之宮公園に沿って流れる大川では、水上バスや屋形船、モーターボートなど数多くの船が行き交います。色々な船が通るので、見ているだけでも楽しめますよ。園内には大学の競艇部の練習場があり、学生たちがボートを漕いでいる姿も見かけました。

毛馬桜之宮公園

ゆったりした大川の流れと船

毛馬桜之宮公園

たくさんのボートが並んでいました

造幣局とハスの咲く池

桜之宮橋近くの池では、ハスが黄色の花を咲かせていました。毛馬桜之宮公園の対岸には、造幣局や造幣博物館を臨むことができます。造幣博物館は明治44年に建てられたレンガ造りの西洋風建物で、貴重な貨幣などが展示されています。平日には、中を見学することもできるそう。

毛馬桜之宮公園

ハスの右奥、三角形の屋根の建物が造幣博物館

毛馬桜之宮公園

ハスも咲く広い池

日本庭園で知られる「藤田邸跡公園」

池の辺りには藤田邸跡公園があります。明治時代の実業家、藤田傳三郎の邸宅の一部が毛馬桜之宮公園の一部として整備されました。訪問時はあまり奥には行かなかったのですが、立派な日本庭園があるそうです。ゆっくり散策を楽しめそうな場所でした。(開園時間は10時~16時、年末年始はお休みです。)

毛馬桜之宮公園

藤田邸跡公園への入り口

毛馬桜之宮公園

木がたくさん植えられていました

大川沿い続く桜並木

毛馬桜之宮公園は桜の名所として知られています。ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなど約4,800本が植えられているそうです。川沿いには、まるでトンネルのように桜並木が続いています。春はきっと綺麗なのでしょう!今度は桜のシーズンに訪れてみたい公園です。

毛馬桜之宮公園

「大阪ふれあいの水辺」近くの桜並木

毛馬桜之宮公園

大川に枝を伸ばす桜

毛馬桜之宮公園は川沿いの景色を眺めながら、散歩を楽しめる場所です。端から端まで歩くと、とても良い運動になりますよ。梅田など大阪市中心部からも近いので、観光や買い物のついでに足を運んでみてくださいね。

Written by みな(PARKFULライター)
好きな公園:行船公園(東京)・向島百花園(東京)・奈良公園(奈良)
千葉県市川市在住の公園大好きな一児の母です。娘(H25年1月生)のため大規模遊具を求めて、東京や千葉の公園に出かけます。交通手段は主に自転車。最近、口が達者になった娘に振り回される日々・・・。

Park Information

開園時間 常時開園 休業日 なし
入園料 無料(一部有料) 駐車場 なし
住所 大阪市都島区中野町1丁目ほか
地図
アクセス 地下鉄谷町線「天満橋駅」またはJR環状線「桜ノ宮駅」から徒歩10分前後
公式サイト http://www.osakapark.osgf.or.jp/kema_sakuranomiya/