花博記念公園 鶴見緑地(大阪府大阪市)

1990年に「国際花と緑の博覧会」の会場になった公園です。120ヘクタールを超える園内には大芝生や国際庭園、バーベキュー場、子どもの森などの他、スポーツ施設も多く、年間を通してイベントも開催されています。四季折々の花と緑を楽しみながら、一日中思い思いに過ごすことのできる懐の広い公園です。

「大芝生」

芝生広場は、団体でスポーツの練習をしていても気にならないくらいの広さがあります。木陰も多いので、晴れた日のピクニックもいいですね。
また、「緑のせせらぎ」では、秋はいろいろな種類のどんぐりを拾うことができますよ。

花博記念公園 鶴見緑地

写真は「大芝生」のほんの一部です

花博記念公園 鶴見緑地

1年中楽しい「緑のせせらぎ」

花博記念公園 鶴見緑地

休憩所と色づいたけやき並木

遊具の集まる「子どもの森」

「子どもの森」には、3~6歳の遊具が1台、6~12歳の複合遊具が3台もあります。芝生エリアや、木陰、ベンチも多く、お弁当を食べたりゆっくりくつろぐこともできます。取材日はあいにく雨が降ってしまい、皆さん帰られてしまったようですが、お天気の良い日には多くのお子さんで賑わいます。
園内には他にも遊具が点在しています。お散歩しながら時々遊具で遊ぶこともできますね。

花博記念公園 鶴見緑地

滑り台も多く楽しそう!

花博記念公園 鶴見緑地

遊具はゆったり配置されています

お花のきれいな「風車の丘」

広い斜面の花畑には四季折々のお花が植えられています。その先には風車があり、人気のスポットとなっています。
すぐ隣には約300種、1300株のバラを楽しめる「バラ園」もあります。

花博記念公園 鶴見緑地

11月はコスモスがとてもきれいに咲いていました

花博記念公園 鶴見緑地

バラの見頃:5月中旬~6月中旬頃、10月中旬~11月中旬頃

世界の庭園をめぐってみよう

「国際庭園」には、55ヶ国の庭園があります(一部、庭園内に入れないものもあります)。植えられている植物や植え方に特徴があったり、その国特有の建物や飾りがあったりするので、お子さんとめぐるのも楽しいですよ。
コスプレイヤーの撮影スポットとしても人気で、「鶴見緑地コスプレDay」というイベントも開催されているようです。ただし当日はマナー講習会の受講が必須となります。

花博記念公園 鶴見緑地

カナダ・オンタリオ州

花博記念公園 鶴見緑地

韓国庭園

花博記念公園 鶴見緑地

日本庭園と茶室

バーベキュー場とキャンプ場

電気式と炭式のバーベキュー設備のあるバーベキュー場は道具のレンタルや、食材も購入できるので気軽に利用できます。
キャンプ場はデイキャンプとナイトキャンプ利用が可能です。届け出が必要ですがキャンプファイヤースペースもありますよ。
(バーベキュー場、キャンプ場ともに、予約が必要です)

花博記念公園 鶴見緑地

バーベキュー場

植物に詳しくなれる「咲くやこの花館」

約26,000種15,000株の植物が展示されている日本最大級の温室は見ごたえ十分です。バナナがなっていたり、お花がたくさん咲いていたり、子供も興味を持てるような展示がたくさんあります。

花博記念公園 鶴見緑地

オオオニバスの葉と裏側

花博記念公園 鶴見緑地

バニラが実際に育っているところを初めて見ました

他にも紹介しきれない多くの施設があります

一日ではとても周りきれないほど、施設も見どころも多い公園です。ポニーライドや初心者乗馬スクールもある「乗馬苑」や、用具のレンタルもある「パークゴルフ場」、運動場やテニスコート、体育館などの運動施設、1年中利用できるプールまであります。一周約2,250mのジョギングコースも人気があります。他にもご紹介しきれない施設がありますので、公式サイトでご確認くださいね。

花博記念公園 鶴見緑地

案内図

花博記念公園 鶴見緑地

夏は人気のスポットになる「中央噴水」

駐車場も6か所ありますので、目的地に近い場所を事前に調べられるといいですね。
レストランや売店も多くありますので、手ぶらで行っても楽しめると思います。

※この記事は花博記念公園管理事務所の公園使用許可を受け、取材・撮影を行っています
Written by 太田浩子(PARKFULライター)
好きな公園は、芦屋市総合公園と兵庫県立淡路島公園です。
自然あふれるたっぷり遊べる公園がお気に入り。
娘とフレンチブルドッグと一緒に、今日も公園に出かけています。

Park Information

開園時間 常時開園(エリアや施設により異なります) 休業日 (施設により異なります)
入園料 無料(一部有料) 駐車場 あり
住所 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2-163
地図
アクセス 大阪市営地下長堀鉄鶴見緑地線「鶴見緑地駅」下車、徒歩すぐ
他のアクセス方法については、公式サイトをご確認ください。
公式サイト http://www.tsurumi-ryokuchi.jp/