岐阜市畜産センター公園(岐阜県岐阜市)

元々は岐阜市の養畜場として開設された、岐阜市畜産センター公園。現在では動物が間近に見られる牧場や、乗馬体験をできる施設などを中心に、市民の憩いの場として整備されています。広大な敷地に公園としての機能を持ちつつ、自然学習の場として人々に親しまれている公園です。

動物とふれあえる「のんびり牧場」

牛や豚、馬などさまざまな動物、鳥類がいます。えさあげ体験では、身近に動物たちとふれあうことができますよ。(えさあげ体験の詳細は公式サイトをご覧ください。)

岐阜市畜産センター公園

夏はヒツジもさっぱり!

岐阜市畜産センター公園

近づくと目の前に来てくれることも♪

岐阜市畜産センター公園

のんびりとした時間が流れます

春から秋まで楽しめる花々

岐阜市畜産センター公園へ行ったら、春から秋にかけて咲き誇る花々も楽しみのひとつ。初夏の季節は紫陽花のほか、花菖蒲やバラなど美しい花が咲き誇るので、散策しながら園内のあちらこちらで楽しめますよ。

岐阜市畜産センター公園

ビジターハウス横のバラ園は花盛り

芝生広場(サンデー広場)

35,000㎡もの広さに芝生が広がる芝生広場には、木陰も多く風が心地いいので皆さん思い思いに過ごしていました。お弁当を持ってピクニックに行くのもいいですね。

岐阜市畜産センター公園

広々とした芝生広場には木陰がたくさん

ジャングルとりで・グラウンド

北側の駐車場に隣接する、複合遊具のある広場とグラウンド。ジャングルとりでという名前のついた遊具の周囲にも、芝生が広がっています。サッカーやソフトボールのできるグラウンドは、申し込みをすれば無料で利用できますよ。

岐阜市畜産センター公園

複合遊具 ジャングルとりで

岐阜市畜産センター公園

グラウンドはサッカーやソフトボールに利用可

ハイキングコース

山間部を中心としたハイキングコースには、ふたつの展望台があり、アジサイやササユリなどの花も楽しめます。木々の間を歩いて、気分もリフレッシュできました。

岐阜市畜産センター公園

緑の中のハイキングは気持ちがいい♪

岐阜市畜産センター公園

まつぼっくり見つけた!

岐阜市畜産センター公園

キウイフルーツの実を発見

ドッグラン

中・小型犬ゾーンとフリーゾーンのふたつに分かれています。ドッグランでイベントも催されることもあるので、公式サイトのイベント情報をチェックしてみてくださいね。(ドッグランの利用には登録が必要です。)

岐阜市畜産センター公園

愛犬と緑の中で思い切り遊べます

ビジターハウス

1階に展示コーナー、2階に管理事務所がある建物です。事務所窓口ではたい肥や、園内でとれたたまごを毎日販売。小さなお子さんに向けたおはなし会やコンサートなど、毎月イベントも催されています。授乳室やおむつ替えベッドもこちらにありますよ。

岐阜市畜産センター公園

とれたてたまごは、12時から販売

今回はご紹介できなかったものの、乗馬体験など、新しい発見が盛りだくさんの岐阜市畜産センター公園。園内にあるバーベキュー場では、無料で自然の中のバーベキューを楽しめます。動物と自然にふれあえる岐阜市畜産センター公園は、小さなお子さん連れ家族だけでなく、幅広い年齢の方が楽しめる公園です。

※この記事は岐阜市の許可を受け、取材・撮影を行っています
Written by まんじゅう丸(PARKFULライター)
好きな公園:グリーンセンター公園(埼玉県川口市)、舎人公園(東京都足立区)、タイヤ公園(東京都大田区)
わんぱく長男と肝の座った長女、二人の母です。上の子は体を動かすことが大好きなので、あちこちの公園へ行きます!

Park Information

開園時間 4月~9月:8:30~18:00、10月~3月:8:30~17:00 休業日 乗馬体験:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日)、ドッグラン:毎週水曜日、12月28日~1月4日
入園料 無料 駐車場 あり
住所 岐阜県岐阜市椿洞776-4
地図
アクセス JR岐阜駅から岐阜バス粟野下車徒歩30分。車の場合は岐阜駅から金華橋通りを北上、打越本郷のT字交差点で右折、約5分。(東海環状自動車道 関広見ICから約20分。)
公式サイト http://chikusan-center.com/index.html