PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 公園紹介 > アメリカ:ポートランド > 連載:ポートランドの公園に行こう #03 パイオニア・コートハウス・スクエア

連載:ポートランドの公園に行こう #03 パイオニア・コートハウス・スクエア

アメリカ:ポートランド 2018.03.27

全米一住みたい街、ポートランド。その街の魅力のひとつにもなっているのが「公園」です。市内には300あまりの公園があり、市民の生活に溶け込んでいます。本連載では、現地調査や政府公開情報をもとに「ポートランドの公園」をテーマにお届けしていきます。

前回連載はこちら↓

尚、現在発売中の冊子「Go to Porltand Go to PARK ー ポートランドの公園に行こう ー」にてより詳しい情報を掲載しています。冊子の詳細はこちらから>

連載第3回目の今回は、”ポートランドのリビングルーム”との愛称をもつほど多くの人に親しまれている街の中心広場をご紹介します。

ポートランドを支えるライトレール交通の要となる広場

オレゴン州ポートランドに来る観光客がまず最初に訪れる場所がパイオニア・コートハウス・スクエア(Pioneer Courthouse Square)です。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア1

Pioneer Courthouse Squareの銘板

観光客の多くは、ポートランド国際空港から出るこのライトレール(レッドライン)に乗り、ポートランドの中心部を目指します。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア2

ポートランドの生活に欠かせないライトレール

パイオニア・スクエア周辺は、イエロー・グリーンラインにも乗り継げるトランジットエリアです。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア3

そこに降り立つと、そこには一面のレンガ畳みの広場。この広場にあるレンガには1つ1つ名前が刻まれています。これらの名前は、”Friends of Pioneer Square”という団体が、この公園の建設費を捻出するために募った募金の寄付者の名前だそうです。

Wikipedia には、この広場が今に至るまでの経緯が詳しく書いていますので、ご参考ください。Wikipeiaはこちら。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア4

一面のレンガ畳みの広場。ぜひ、この地でレンガを見てください!

観光情報発信の拠点としても機能

広場の目印でもある観光名所や姉妹都市などを示した矢羽サインモチーフのパブリックアート。ポートランドの見所が伝わってきます。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア5

矢羽サインをモチーフにしたパブリックアート

この広場内には観光案内所があります。噴水のあるアプローチからアクセスできます。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア6

この広場で必ず訪れたい場所といえば、この敷地内にある観光案内所

観光案内所は、ポートランドの魅力を発信するメディアであるTravel Portlandが運営しています。ウェブとリアルの融合が進んでいるのは、アメリカならではです。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア7

Travel PORTLAND

Web:Travel Portland はこちら。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア8

平日も大にぎわいでした。

壁一面に広がる観光案内用のリーフレットの種類の多さがポートランドの魅力を物語っていますね。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア9

壁一面に広がる観光案内用のリーフレット

周辺は、一大ショッピングゾーン

さて、この広場の周辺はショッピング・エリアとしても有名です。また、ポートランドは消費税の無い地域ですので、観光客だけでなくポートランド周辺の住民にとっても魅力的なショッピング・エリアです。

まずは、ポートランドを代表する企業の1つでもあるNike。店内のディスプレイも本拠地ということで力が入っていました。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア10

ポートランドを代表する企業の1つでもあるNike。本社は、ポートランドの外れのビーバートンにあります。

そして、やはり、Apple Store!いい場所を押さえてます。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア11

こちらも観光案内所以上に賑わっていました!

AppleやNikeの他にも、周辺には百貨店や有名なカフェがたくさんあります。

パブリック・アートも充実しています!

商業施設だけでなく、この広場内外にも見所がたくさん!まずは、この広場で一番人気の銅像。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア12

スワード・ジョンソン作 Allow me。

傘をモチーフにしたシェルター。雨の多い気候を活かしたデザインと機能ですね。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア13

傘をモチーフにしたシェルター

パイオニア・コートハウスを支える柱が倒壊したイメージのパブリックアート。何気なく通りかかると、本当に壊れているかのように見えます。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア14

柱が倒壊したイメージのパブリックアート

パイオニア・コート・ハウス・スクエア15

折れた柱の断面には、チェス盤がデザインされています

広場周辺の街路には、地元に生息する様々動物の銅像が設置さています。まずは、ウィルメット川を遡上してきた(?)鮭を捕まえるクマ。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア16

鮭を捕まえるクマ

こちらは、カワウソ。このほかにもカモやシカの銅像もあります。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア17

カワウソ

最後に、広場にはスターバックスもあります。年間100万杯ものコーヒーを販売しているそうです。日本でも馴染みのあるスタバを見つけると少し安心しますね。また、無料でWiFiに接続できるので、ここで情報を調べるのもいいですね。

パイオニア・コート・ハウス・スクエア18

広場にはスターバックスもあります

この広場も公園のサイズとしては、とても小さいのですが、クリエイティビティに溢れるパブリックアートや周辺商業施設なども含め、見所が満載で、さながらポートランドを凝縮させたかのような素晴らしい場所です。

ポートランドに降り立ったら、まずこのパイオニア・コートハウス・スクエアでゆっくり過ごしてみませんか?

冊子「ポートランドの公園に行こう」販売中

本連載のより詳しい情報は、冊子「Go to Porltand Go to PARK ー ポートランドの公園に行こう ー」に収録しています。ご興味ありましたら、冊子もあわせてご覧ください!

 

Park Information

開園時間 休業日
入園料 駐車場
住所 701 SW Sixth Avenue, Portland, OR 97205 アメリカ合衆国
地図
アクセス
公式サイト https://thesquarepdx.org/

大きなパエリア鍋がコミュニティをつくる! 公園パエリアの可能性とは

春を元気に彩る!チューリップが見られる公園特集