PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 公園を考える > インタビュー > 【導入事例】兵庫県芦屋市〜「PARKFUL Rental」を通じて、市民が気軽に使える公園へ〜

【導入事例】兵庫県芦屋市〜「PARKFUL Rental」を通じて、市民が気軽に使える公園へ〜

インタビュー 2021.11.22

パークフルと芦屋市は、2020年に公園レンタルに関するクラウドサービスの実証実験を共同で実施し、2021年度より芦屋市へPARKFUL Rentalのサービス提供を開始しました。芦屋市ではどのような経緯で導入されたのか、また、今後の展望などを芦屋市道路・公園課の南さんにお話をお伺いいたしました。

芦屋市内の公園

芦屋市内の公園。PARKFUL Rentalでは、芦屋市内の全145公園がオンライン申請対象となりました

導入までの動向

時期 実施内容
令和元年9月~ 協議スタート
令和2年1月21日~令和2年3月31日 実証実験
令和2年4月1日~令和3年3月31日 第2期実証実験
令和3年4月1日~ 本格運用

市民が主体となったイベントの成功体験

公園レンタルオンライン化サービスを導入した経緯について教えてください

南さん平成31年4月宮塚公園のリニューアルに合わせて実施した市民主体のマルシェの成功をきっかけに、“公園をもっと活用してもらいたい”という想いが強くなりました。この時、公園を利活用することにより地域活性化や賑わいの創出などに繋げることが大きな目的だということを再認識しました。それと同時に、公園という公共空間でのイベントを主催できる市民が潜在的にたくさんいるのに、なかなかイベントが開催されていないことに気付かされました。ハードルのひとつになっているのは、公園を利用する際の窓口への申請、審査などの手続きのわずらわしさ。このハードルを下げるために、市民の方が気軽に公園を使ってもらえるような仕組みを作る必要があると考えました。

マルシェ

宮塚公園で行われたマルシェの様子

若年層を中心としたサービスの浸透

サービスの導入による変化・反響についてはいかがでしょうか?
南さんオンライン申請サービスの利用者の属性で多いのは、校外学習・遠足での幼稚園・保育所の教育機関や公園内での定期的に地域向けのイベントを企画している団体です。若年層を中心に、わざわざ窓口に行かなくてもオンライン上で手続きができるので便利であるいう声もいただいています。窓口や電話で公園利用申請の相談にこられる利用者の方に対して、オンライン申請を薦めており、徐々にではありますが利用率は増えてきている実感はあります。若年層には、ある一定の需要があるもののシニア層の利用率をどれだけ上げられるかが課題です。

芦屋市道路・公園課窓口

これまで申請手続きは芦屋市道路・公園課窓口のみで行っていました

はじめて利用する方にもわかりやすい申請画面

レンタル申請画面

PARKFUL Rental 申請画面

気軽さが利用者にも好評

ユーザーアンケート結果

PARKFUL Rental 利用者のアンケート結果より

地域活性化・コミュニティ創出を目指して

―最後になりますが、今後のサービス運用・活用など、これからの展望について教えてください。

南さん「with コロナ」「アフターコロナ」と言われる中で、公園の利用方法、公園へ求めるものもコロナ前から変化する可能性があります。少人数で利用したい、もう少し地元でのつながりを強めたい、など市民や地域の多様な意見・ニーズが出てくる中、住民主体で合意形成を図っていく必要があると考えています。主役はあくまでも地域住民であり、そのサポートを行政が行う。今回の公園申請システムもあくまでもサポートツール。これを活用して、積極的に公園を利活用してもらうことが大事だと考えています。我々の役割は、これをいかに広げていけるか。システムを作るということではなく、地域の活性化や地域コミュニティの創出が目的です。それに一歩でも近づいていくために、このシステムの周知や日々地域との対話を続けていきながら枠にとらわれない発想で取り組んでいく必要があると考えています。

関連記事はこちら

【首都圏】タコ遊具がある埼玉県・千葉県・神奈川県の公園特集

【近畿】タコ遊具がある大阪府・京都府・奈良県・兵庫県の公園特集