PARKFULがオススメする1000公園 | 新潟




都道府県 住所 公園名 オススメポイント
新潟 上越市 新潟県立大潟水と森公園 2000年(平成12年)に開園した。「潟」を主役とし、その自然を守り、歴史文化を伝え、地域とともに育むことで、その魅力を最大限に引き出し、誰もが楽しく、親しめる公園を目指して、整備・運営がなされている
新潟 新潟市 上堰潟公園 巻市街地から西へ車で約10分で行ける都市公園。角田山の麓に広がる広大な公園内には、休憩所(ログハウス)、バーベキュー施設、ローラー滑り台・ターザンロープ、乗用遊具専用コースなどのほか、1周2キロメートルの遊歩道、木道、東屋、11ヘクタールの湖面、芝生地なども整備され、春には桜や菜の花、秋にはコスモスなど四季折々の花々が楽しめ、ピクニックやハイキングなどで一日ゆっくりと過ごすことができます。
新潟 長岡市 国営越後丘陵公園  越後の豊かな自然に恵まれた園内では、雪割草、カタクリ、チューリップ、ばら、コスモス、そしてさまざまな山野草が季節を通じて咲き誇ります。また、お子様が一日中楽しめる芝生広場や26種類の木製遊具、ふわふわドーム、水遊び広場も充実しています
新潟 長岡市 悠久山公園 東山連邦のふもとに位置し、「おやま」と呼ばれ親しまれています。子どもの遊べる遊具や小動物園、中央には広場がありピクニックに最適です。桜をはじめツツジ、花菖蒲、紅葉、雪景色と四季を通じて市民の憩いの場となっています。
新潟 上越市 高田公園  高田公園は、徳川家康の六男、松平忠輝公の居城として築城された高田城の跡に造られた公園で、全体が新潟県の史跡に指定されています。現在の公園の地形は、旧陸軍第十三師団が入城する際、明治40年(1907年)に土塁の大半を崩して堀を埋める工事が行われたことによって出来たものとされています。公園の面積は約50haあり、市街地の中心部に位置する公園としては、全国的にも有数の規模を誇っています。園内には、復元された高田城三重櫓や総合博物館、小林古径記念美術館、高田図書館、小川未明文学館(高田図書館内)などの文化施設、陸上競技場、野球場等のスポーツ施設、ブロンズ像を配置した遊歩道、岩野勇三ブロンズコーナー、外堀をめぐる遊歩道があり、市民の散策や憩いの場となっています。
新潟 五泉市 村松公園 約3000本の桜が一斉に咲き乱れる。ソメイヨシノが9割だが、その他ピンクの濃いヨウコウや、希少種であるホザキヒガンヤエザクラなどの桜も楽しめる。さくら名所100選にも選ばれており、観桜期間中には露店や売店が立ち並ぶほか、各種イベントも開催される。
新潟 新潟市 白山公園 明治6年1月太政官布告第16号(注1)により開設された日本で最初の公園の一つで、新潟総鎮守白山神社に隣接して、池、築山、花木を配したオランダ風の回遊式庭園となっています。この地区は、平成元年に「日本の都市公園100選」にも選ばれています
新潟 新潟市 新潟市秋葉公園 春になると1,000本のソメイヨシノが咲き乱れる秋葉山。秋葉公園は花見の名所として賑わいます。
新津地域の東南、駅より車で10分程の市街地にある緑の丘陵が秋葉公園です。
広い園内には桜の名所である見晴らし公園や閑静な日本庭園、牡丹園のほか、楽しくスポーツができるトリムコースなどさまざまなレクリエーションゾーンが点在しています。
新潟 加茂市 加茂山公園 加茂駅から徒歩5分、市街地に隣接する公園です。その名のとおり加茂山に広がる公園で、すぐ隣の街の雑踏が聞こえない空間をつくりだしています。平日の日中は、神池の噴水の水音、杉木立に響く鳥のさえずり、そして自分の踏む敷砂利の音が響く静かなところです。公園内にある野外彫刻を鑑賞したり、散策を楽しみませんか。四季それぞれに、表情を変える魅力あふれる公園です。
新潟 三条市 保内公園 県内有数の植木産地の保内地区に自然の地形を生かして整備した公園です。園内には「緑の相談所」や南国ムードあふれる「熱帯植物園温室」、茶室として利用できる「休息所」、東屋・ロックガーデンなどが配置され、山頂見晴台からの越後平野の眺望も素晴しく、四季を通じて緑とのふれあいを楽しむことができます
新潟 新潟市 新潟県立植物園 遊具はありませんが子供から大人までリラックス出来る素敵な公園です。
自生しているものから栽培されているものまで四季折々の草花が楽しめます。ツツジ園、ツバキ園、ボタン園なども設けられています。野鳥が鳴いていたり、蝶やトンボなども飛んでいて自然を感じることが出来ます。
熱帯植物ドームは国内最大級のドーム型温室です。中はジャングルのようになっています。時期によってはイベントを開催しています。クリスマスの時期にはイルミネーションもやっています。