PARKFUL

日本全国の公園の魅力を発信するWEBメディア

×
> 公園紹介 > 特集 > 都心の緑に癒されよう!恩賜公園・庭園特集

都心の緑に癒されよう!恩賜公園・庭園特集

特集 2019.03.12
日本庭園

天皇や大名などの権力者の土地を、下賜され整備された公園や庭園を恩賜公園・庭園と言い、都内・神奈川県内に7箇所存在しています。今回の特集ではその7箇所全てをご紹介しています。どこもとても歴史があり、一度は名前を聞いたことがある公園・庭園が多いのではないでしょうか。都内に数多く存在する恩師公園・庭園。今週末は都心の緑に癒されに出かけてみませんか?

公園特集はPARKFULアプリと連動しています。アプリには特集をはじめ、マップや投稿、検索など、スマホで便利に手軽に公園を楽しむための機能がたくさん。ぜひあわせてご活用ください。
無料ダウンロードはこちら>

上野恩賜公園(東京都台東区)

上野恩賜公園

PARKFULアプリより

1873年日本初の公園として誕生しました。様々な変革を経て、現在は総面積約53万㎡の大きな公園です。1924年に下賜され「上野恩賜公園」として開園しました。西郷隆盛の銅像がシンボルとして有名ですね。春は高台の忍ヶ岡の桜、夏は不忍池の蓮と花の名所でもあります。周囲に国立西洋美術館や東京国立博物館、上野動物園など文化施設が集合しています。

井の頭恩賜公園(東京都武蔵野市)

井の頭恩賜公園

PARKFULアプリより

1913年に下賜され、1917年に恩賜公園として一般公開されました。公園のシンボルである井の頭池の周辺にはソメイヨシノが植えられ花見の季節には美しく池を彩ります。秋には紅葉、冬には越冬する野鳥と一年と通じ楽しめます。週末には「井の頭公園アートマーケッツ」が行われ、ハンドメイド作品やアート作品が売られています。有料ですが、「井の頭文化園」では動物と触れ合えるので子供連れでも楽しめますよ。

猿江恩賜公園(東京都江東区)

猿江恩賜公園

PARKFULアプリより

もともとは江戸幕府の貯木場であった場所が政府のものとなり、1924年昭和天皇の成婚を記念し下賜され、1932年公園として開園した場所です。公園のシンボルとなる緑のとんがり屋根の時計台がかわいらしいです。子供向けの遊具広場、健康広場、バスケットゴールや広い芝生があり、周囲の住民の憩いの場です。春には桜、夏には水遊びが楽しめますよ。

有栖川宮記念公園(東京都港区)

有栖川宮記念公園

PARKFULアプリより

1934年高松宮より公園地として下賜され、同年開園されました。公園の南側の高台に公園のシンボルとなる「有栖川宮熾仁騎馬像」があります。池周辺の日本庭園は美しく、秋の紅葉は絶景です。周囲に各国の大使館が多く公園に訪れる人もインターナショナル。子供向けの遊具も充実しています。ただ公園内は起伏に富んだ場所もあるので、ベビーカーは注意が必要です。

恩賜箱根公園(神奈川県箱根町)

恩賜箱根公園

PARKFULアプリより

1946年函根離宮跡地が下賜され、同年一般公開されました。離宮後だけあり美しく手入れされた植栽が見事です。春はツツジ、夏はヤマユリが楽しめます。富士山、芦ノ湖、箱根の山々が望める景観が見事です。二百階段など趣のある場所もあります。隣に箱根の関所が再現された施設もあるので訪れるのもいいですね。

浜離宮恩賜庭園(東京都中央区)

浜離宮恩賜庭園

PARKFULアプリより

1945年GHQの要請により下賜され、翌年、都市庭園として開園されました。潮入の池と二つの鴨場がある大名庭園です。菜の花が華やかに春を彩る場所としても有名です。ボタン園、梅林もあり季節ごとに楽しめますね。お茶屋では抹茶セットも楽しめるので外国人にも人気です。

旧芝離宮恩賜庭園(東京都港区)

旧芝離宮恩賜庭園

PARKFULアプリより

1924年昭和天皇のご成婚を記念し下賜され、同年開園されました。江戸初期の回遊式泉水庭園で、池を中心として構成された勇壮な石組が見ものです。季節の花も美しく梅、桜、牡丹、アヤメ、アジサイなどが美しく彩ります。

留意事項

各公園・施設の状況は変わる可能性があります。利用状況などは公式HPでご確認ください

 

地域復興に向けて!3.11 東日本大震災後に整備された公園特集

名古屋市公園経営シンポジウム「名古屋市1500公園の可能性を開く」開催レポート(1)